女性の間で大ブーム!縁結びの神社巡りで心も体も美しくなろう

  • 公開日:2017/01/04 最終更新日:2017/07/18

近頃、神社巡り御朱印集めが女性たちの間でブームになっています。
もともと歴史が好きだった「歴女」の方や、最近人気のゲームから関係のある神社を巡ったり、「良い人と出会いたい」と縁結びの神社参拝を行っている女性が多いです。

神社巡りがブームになっているこの機会に、身近にある神社から参拝を始めてみませんか?
全国には縁結びに御利益がある神社がたくさんあります。

中には山を登らないといけないようなところも。
神社巡りが好きな女性は、歩く機会となり自然と体力もつけることにも繋がります。
全国を巡る体力とパワースポットから得られるパワーで、若々しさもゲットしちゃいましょう!

「縁結び」とは?

heart_2
縁結びと聞くと、恋人と出会うということを連想される方が多いとおもいますが、恋人になる、夫婦になる、親子になるなどの人と出会うということだけではありません。
その他にも、仕事につく家を建てるものを買う食べる旅をするなど、「生きることすべて」が縁結びとされています。

だからこそ、困ったときの神頼み。
女性としての幸せを掴めるように神様に縁結びのお願いをしてみましょう。

参拝する時間は?

heart_3
縁結びの神社にお参りする時間は「午前中」がいいんです。
午前中は陽がのぼる時間で、それとともに運気が上昇
午後は陽が沈む時間なので、運気も下がっていってしまうということです。

ただ神社巡りがブームとなっている今、時間に関係なく参拝する人が多いのが現状です。
それぞれ都合もあると思うので、本人が良ければ好きな時間に参拝してもいいのではないでしょうか。

参拝の作法について

heart_4
<鳥居をくぐる>
神社の鳥居はお家に例えれば門扉のようなもの。
神様に「お邪魔します」と気持ちを込めて一礼してからくぐりましょう。
誰だっていきなりお家に入られたら嫌ですもんね。神様だって同じなんですよ。
本殿、拝殿には参道が続きます。
参道の真ん中は神様が通る道なので、私達は参道の端を歩いていきましょう。

<穢れを清める>
「手水舎」で穢れ(けがれ)を清めましょう。
右手に柄杓を持ち、まずは左手、そして右手を清め次に左手に水を注ぎ口に含んですすぎます。
残った水で口をすすいだ左手を清めてください。
このお清めは柄杓に最初に1回汲んだ水すべてを行います。
口をすすぐときは柄杓に口をつけないようにしましょう。

<お賽銭を入れる>
お賽銭を入れるときは、投げ込まずにそっと賽銭箱に入れましょう。
鈴があれば鳴らします。ただし、強く大きな音を鳴らす必要はありません。
邪気を払う意味があるので、自分に聞こえる程度で構いません。

<お願い事をする>
二礼・二拍手・一礼をします。
心の中で神様に挨拶し、願い事をします。
できれば自分の名前、住所を告げましょう。
お願いが終わり一番外の鳥居をくぐったら、本殿に向かって一礼しましょう。

縁結びで人気の神社

heart_5
・日光二荒山神社(栃木県日光市)
ユネスコに世界遺産の「日光の社寺」のひとつとして登録されています。
関東有数の縁結びのパワースポットで、縁結びの笹、縁結び御神木などがあります。
恋愛運アップや、夫婦円満などを願う人たちでにぎわう神社です。

・神田明神(東京都千代田区)
都内で婚活中の男女に大変人気のパワースポットです。
恋愛や良縁成就以外にも人間関係すべての縁が良くなると評判になっています。
24時間参拝可能というのも、人気の理由です。

・地主神社(京都市東山区)
縁結びの神さま大国主命を主祭神となっている京都の神社。
恋占いの石という石があり、一方の石からもう一方の石へ目を閉じたまま歩き、たどり着ければ恋がかなうことで有名です。
清水寺と近いので、アクセスがよく旅行客で賑わっています。

・出雲大社(島根県出雲市)
恋愛成就はもちろん、仕事の縁、人間関係の縁結びにも。
2週間ぐらいで出会いが増えた、1カ月で彼氏ができたなどの報告があります。

・川越氷川神社(埼玉県)
テレビでも紹介された縁結び玉があります。
生涯を共にする相手と巡り合えると話題で、成就した際には縁結び玉を返納すると長く縁が続くように祈願したお守りがいただけるそうです。
夫婦円満、縁結びの神さまとして信仰されています。

まとめ

heart_6
神社に参拝すると心が晴れやかな気分になります。
そして、縁結びの効果を信じて真っすぐな気持ちで毎日を過ごせば、よりよい人生を歩めるでしょう。
心のエイジングケアにも期待できますね。

心が穏やかで元気いっぱいの明るさは、若々しさの維持にも重要です!

さまざまな神社を巡って縁結びというステキな御利益をいただいて、なおかつ体を動かすことで、心も体も美しくよりいっそう輝ける自分になれるでしょう。
まずは身近にある神社からスタートしてみませんか?

新着記事

人気記事

PAGE TOP