ちょっとした時間に読書をするだけでエイジングケアができる?

  • 公開日:2017/01/12 最終更新日:2017/09/20

「若返り」といえば食事内容に気をつかって野菜をメインにした健康食をとったり、高い化粧品を使って肌のケアをしたり、運動に励むことばかりだと思っていませんか?
実は「読書」をするだけで若返り効果(エイジングケア効果)があるんです。

本を読むのが好きな人にとっては朗報かもしれませんね。
読書は苦手だという人も、これを機会に毎日10分からの読書を始めてみませんか?

読書による効果とは?

heart_8
本を読むことで、脳や身体に以下のようないい影響を与え、若々しさをつくりだしてくれるのです。
詳しく紹介します。

・脳を活性化させる
テレビ、ゲームなど作られた映像を見るよりも、文章を読み頭の中で場面のイメージを膨らませることで脳のさまざまな部分が活発になり、新たな神経経路が構築されます。

オックスフォード大学の神経学の名誉教授であるJohn Stein氏は「読書は大脳のトレーニングだ」と主張するほどです。
本を読んで想像することで、大脳が活性化します。
大脳を刺激すると、アルツハイマーの原因になるといわれているβアミロイドという物質が作られるのを抑制できるとのこと。
運動で体が健康になるのと同じく、読書で思考をつかさどる部分に刺激を与えることで脳の健康が保たれるのです。

・ストレスの解消
ストレスを受けている人は、そうではない人と比べて老化スピードが速い傾向にあります。
しかも、体調も崩れやすく見た目年齢に大きく影響するのです。
読書で現実世界から本の世界へと入り込むことで、筋肉など身体の弛緩が促されるという研究結果も。
6分の読書でストレスを1/3も軽減してくれる効果があるのだとか。
本とじっくり向き合う適度な集中力が心をリラックスさせ、ストレスを軽減してくれます。

・コミュニケーション能力の向上
読書をすることで、ストーリーを通じてその出来事や登場人物、さまざまな情報を理解しようとします。
相手が何を考えているのか、どうすれば自分の気持ちが伝わるのかなどの想像力や文章力が養われ、人とのコミュニケーションが取りやすくなると言われているのです。
さまざまな角度から物事を見る力が養えて、柔軟な対応ができるようになるでしょう。

アンチエイジングにオススメの本

heart_9
読書でエイジングケアを目指すなら、それに合う内容の本を読むべき?と思うかもしれませんが、無理をして自分が興味のないものを読む必要はありません。
難解な本ではなく、簡単に楽に読み進められて自分が関心を持っている分野の本がオススメ。
興味があるものは理解しやすく、吸収も早いからです。
文章を理解することに集中し、世界観に浸るのが読書の醍醐味でしょう。

小説でもエッセイでも自分が好きな本を読むだけで十分ですが、どうせならアンチエイジングの情報が得られる本が読みたいというあなたにオススメの本を紹介します。

SELFCARE セルフケア 今すぐ始められる40のアンチエイジング法
 著者:SHIHO

モデルのSHIHOさんが40歳になった今、28歳から始めたセルフケアのほんとうに毎日やっていることを紹介しています。
美肌を作る7か条、小顔作り、ツヤと潤いをどう出すか、食事の見直し・・・などを掲載。
ecalic021_013 購入はこちら⇒SELFCARE セルフケア 今すぐ始められる40のアンチエイジング法

美人はコレを食べている。
 著者:木下 あおい

食事を替えることで「肌」も「身体」も1カ月後に大きく変わります。
予約のとれないダイエット料理サロンを主宰する著者が教える、痩せて美肌になるレッスン。
20歳の頃より肌が綺麗になる方法を紹介しています。
ecalic021_013 購入はこちら⇒美人はコレを食べている。

ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法
 著者:エリカ

著者がニューヨークの生活の中で出会った人々や出来事から学んだ「強く美しく」生きる術を紹介しています。
内面の美しさを磨き、笑顔とやさしさをたたえながら、自分の人生を自分らしく生きる方法など。
ecalic021_013 購入はこちら⇒ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法

いくつになっても綺麗でいられる人の究極の方法
 著者:カツア・ワタナベ

世界最先端のエイジング学とも言われるジェロントロジーをベースにした、いくつになっても綺麗でいられる秘訣が掲載されています。
あなたが知らない意外な美容の秘密、心と身体をコントロールする、クリエイティブな長生き法・・・など。
ecalic021_013 購入はこちら⇒いくつになっても綺麗でいられる人の究極の方法

まとめ~隙間時間に本を読んで心の美しさを磨こう~

heart_10
いざ読書をしようと思うとどんな本を選べばいいか迷ってしまいますが、まずは自分が関心のある本を古本屋やインターネットでじっくり探してみてください。
読書が苦手なら漫画や絵本のように、文章が少なく絵の多いものでもいいでしょう。

また、図書館は静かで本を読む環境に適しているので、自宅では騒音や生活音が気になるという方にはオススメです。
本も無料ですから、お得で一石二鳥ですね。
読書をして心をすっきりとさせ、豊かな考えや見方ができるようになって、あなたの魅力により一層磨きがかかるでしょう。

新着記事

人気記事

PAGE TOP