その症状は月経困難症かも?ひどい生理痛を改善・緩和する方法

  • 公開日:2017/06/29

女性のみなさん、毎月の月経に問題を感じたことはありませんか?
痛み、出血量、期間など毎月月経が始まるとさまざまな辛い症状に見舞われるという方はとても多いです。

「私は生理が重いほうだから」と一言で片づけている方、もしかしたら「月経困難症」の可能性もあります。
月経困難症は漢方や薬で緩和や改善ができるものです。
月経困難症の特長や、生理痛を緩和する方法を詳しく紹介します。

月経困難症ってなに?


毎月の生理にこのような症状はありませんか?

・頭痛
・腰痛
・貧血
・腹痛
・膨満感
・月経血過多
・吐き気
・眠気
・発熱
・倦怠感

症状が軽く大して気にならない、すぐに治まる場合は普通のことなので問題視する必要はありません。
生理中でも全く不快感や痛む症状が無い人もいれば軽い人もいますが、重度な場合には月経困難症が疑われます。

月経困難症になると「布団から起き上がれない」「会社に行けない」「家事ができない」など日常生活に大きな支障をきたします。
毎月の生理が重たく仕事をするのも日常生活を送るのも困難になるような方は一度病院で検査をし、生活習慣の改善など自分でできることを取り組んでいきましょう。

月経困難症は若い女性に多く見られるもので、歳をとったり出産を経験することで症状が軽減していくことが多いです。
症状が強くても市販薬で治まるくらいなら問題はありません。
ただし、年齢が高いのに月経困難症になった方の場合は念のために産婦人科で詳しい検査をするようにしましょう。

病院ではどのような検査をするのか


月経困難症の検査はさまざまな方法があります。
まず、問診票を書く際や医師から質問される際にはこのようなことを聞かれるでしょう。
こちらでチェックし、スムーズに答えられるように参考にしてください。

・生理時の症状
・月経周期、出血量(月経の状態)
・性生活の有無
・妊娠、出産
・中絶経験
・過去にかかった婦人病

血圧、尿検査、内診はセットで行われることがほとんどで、月経困難症の検査であれば血液検査もプラスで行います。

内診検査は診察室で下着を脱いで分娩台に上がり、性器の状態や子宮の入り口を医師が直接触って確かめます。
診察室は医師、看護師しかいませんが全てボトムを脱ぐのは恥ずかしいでしょうからパンツではなくスカートで行くのがおすすめです。

これらの検査を行った上で問診、血液検査、触診により数値や子宮に異常を抱えている可能性がある場合には超音波MRICTなど体の中を見ることができる機器での検査を行います。

月経困難症の改善・緩和方法


①低用量ピル
鎮痛剤の効果があまり得られない場合や出血量が多い場合に使用する医薬品で、卵胞ホルモン・黄体ホルモンの合剤です。
ホルモンバランスを整えることで月経時の症状を改善するために用います。

低用量ピルを飲むと月経痛が和らぎ、出血量も抑えられるため痛みが激しい方や出血が過剰な方におすすめです。
保険が適用されるので1か月分は1,500円~3,000円未満と比較的お手軽に手に入れられます。

②漢方薬
主に加味逍遥散(かみしょうようさん)当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が処方されます。
漢方薬は体の中から血液の流れを良くして体質を改善することで改善と緩和効果を得るものなので、効果が出るまでには時間がかかりますし体質に合わない場合は効果を得られません。
植物が原料なので体に優しく、薬はなるべく飲みたくない方におすすめです。

ただしきちんと漢方の知識があるお医者さんや薬剤師に処方してもらうようにしてください。
また、子宮に異常がある可能性もあるので始めから漢方に頼るのではなく必ず原因を特定できる検査も行い、漢方で緩和ができるようであれば漢方薬の選択をしてください。

③おすすめの飲み物
ホルモンバランスを整える飲み物や体を温める飲み物を飲むと痛みが和らぎます。
どの飲み物の場合でも必ず「温かい」状態で飲んでください。
温かい飲み物でもカフェインを含む飲み物は体を冷やす作用があるので避けましょう。

・ココア
・カモミールティー
・豆乳
・生姜湯
・葛湯
・甘酒(酒粕)
・ホットワイン
・日本酒(熱燗)

お酒も適量なら体を温める効果があるので飲んでOKです。
強いお酒は苦手という方は微量にアルコールが含まれる酒粕の甘酒がおすすめ。

④体を温める
日ごろから体を冷やす冷たい食べ物や飲み物を避け、温かいものを摂取するようにします。
料理には体を温める生姜をたっぷり使ったり、温かい汁物がおすすめです。
生理中だからシャワーだけという方も、抵抗はあるかもしれませんが湯船に浸かってみてはいかがでしょう。
お湯に入れば経血は水圧によって出てこないので、家族に先に入って貰い自分は最後に入るようにすれば多少汚れても気にならないと思います。

まとめ~生理痛は我慢しすぎないことが大事~


生理中の症状は「生理なんだから仕方ない」と我慢している方も多いですが、月経困難症はきちんと改善ができるものです。
毎月1度のことですが憂鬱になったり辛い一週間を過ごす必要はありません!
思い切って病院で辛い症状を伝え、改善や緩和に効果的な薬を処方して貰ったり自分でもできる対策を行ってみましょう。
隠れた婦人病がある可能性もありますから、病院へ行くのは大切です。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP