女性に嬉しい効果がいっぱい!豆乳ヨーグルトの秘密とおいしいレシピ

  • 公開日:2017/01/16 最終更新日:2017/01/17

今、豆乳ヨーグルトが女性の間で流行っていると知っていますか?
名前の通り、豆乳からできているヨーグルトで自分で作ることもでき、ヘルシーで女性に嬉しい効果がいっぱいあると注目されています。
今回は豆乳ヨーグルトの効果と自宅で簡単に作れるおいしいレシピを紹介します。

女性の間で「豆乳ヨーグルト」が流行っている!?

body_42
一般的なヨーグルトは牛乳で作られていますが、豆乳ヨーグルトは名前の通り「豆乳」で作られたヨーグルトのことです。
豆乳にヨーグルト菌を加えて発酵させたもので、豆乳で作ることで100%植物性のヨーグルトになります。
甘味がないため「はちみつ」などで甘味をつけるのが一般的です。
牛乳にアレルギーがある方でも豆乳ヨーグルトなら食べることができるでしょう。

豆乳ヨーグルトにはどんな効果が期待できるの?

body_43
豆乳ヨーグルトの効果には、

◆脂肪燃焼
豆乳には大豆サポニンという成分が多く含まれ、この大豆サポニンが燃焼効果があり代謝を落とさずに脂肪を燃やす働きを持っています。また食物性タンパク質も豊富で筋肉を作り出す重要な栄養素になり、筋肉を作ることで代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい体を作ってくれます。
さらにこの大豆サポニンにはその他にも動脈硬化、老化防止、肥満改善効果も期待できるのです。

◆便秘解消
ヨーグルトといえば誰もが知っている乳酸菌が含まれています。
乳酸菌が腸内環境を整える働きを助け、豆乳に含まれる食物繊維が便秘解消に役立つのです。

◆女性ホルモンのバランスを整える
豆乳の原料である大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンのバランスを整えてくれ、女性ホルモンが崩れやすい生理前に飲むとイライラが解消されると言われています。
また、バランスの崩れによる肌荒れをケアしてくれたり、シミ・シワ・乾燥肌の改善効果など女性には嬉しい効果がたくさんあるのです。
大豆イソフラボンにはその他にも骨粗しょう症、乳ガンの予防効果も期待できるそう。

◆むくみ予防効果
大豆に含まれるカリウムが体内の塩分などの老廃物を体外へ排出する働きにより、むくみを解消・予防してくれます。

◆花粉症やアレルギーの改善効果
ヨーグルトを食べることで腸内のビフィズス菌が増加し、悪玉菌の働きを抑えてくれるので免疫力も上がります。
それによりアレルギーや花粉症を改善する効果や風邪をひきにくい体にもなるのです。

豆乳ヨーグルトの作り方とレシピについて

body_45
豆乳ヨーグルトの作り方について、初心者の方でも簡単に作れる方法を紹介します。

<材料>
・豆乳 (成分無調整) 1000cc(パックのもので)
・市販の飲むヨーグルト 100cc
・はちみつ お好みの量で

<作り方>
①豆乳パックの上の部分を開き計量カップで100ccの豆乳をあらかじめ取っておきます。取った豆乳はヨーグルトを入れるところを作るためです。
②豆乳パックに飲むヨーグルトを入れます。
③はちみつを入れます。大さじ3杯ほどで市販のヨーグルトの甘さになるのでお好みの量を入れてください。
④全部入れたらパックを閉じて豆乳、飲むヨーグルト、はちみつが均等に混ざるようにやさしく揺すって混ぜてください。
⑤混ぜたものを暖かいところで発酵させます。夏は6時間~、春秋は12時間~、冬は24時間~温かいところで放置すると発酵しやすくなります。
⑥発酵させた後、ヨーグルトのような匂いになっていたら完成です。

賞味期限は冷蔵庫で1週間ほど。食べきれる量を作るようにしましょう。

作った豆乳ヨーグルトのアレンジには、
・甘酒で割る
・果物や野菜などと一緒にスムージーに
・グラノーラにかける
・温めてホット豆乳ヨーグルトとして
など普通のヨーグルトと同じように食べてみてください。

まとめ~豆乳ヨーグルトを食べて腸内環境を整え体の中からきれいになろう~

body_44
豆乳ヨーグルトは美容にも健康にも効果的なものでまさに魔法の食材と言えますね。
自宅でも簡単に作ることができるので、いつでも好きなときに食べれます。

今までお菓子やパンを間食に食べていたところを、豆乳ヨーグルトにシフトすると健康な体作りもできるのでオススメです。
作るのが面倒な方は市販のものも売っているので一度豆乳ヨーグルトを試してみてください。
毎日続けて食べて体の中からキレイになりませんか。

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP