わさびが老化の原因を撃退!スルフィニルの抗酸化力を検証する

  • 公開日:2016/04/20 最終更新日:2017/04/14

わさびといえばお寿司に刺身…を想像しますよね。
独特な香りと辛味で鼻にツンと来る特徴があり、そのツンと来るのが好きな人もいれば苦手な人も多いですよね。

でもわさびが老化防止に効果があると知っていますか?そう聞くとわさびを食べようと思いますよね。

今回はわさびに隠された老化を防ぐ抗酸化力について紹介します。

わさびに含まれる「スルフィニル」とは?

BA-1_R

わさびとは、アブラナ科の多年草で、日本が原産であり一年中収穫でき、古くから日本では食用とされていました。

わさびには抗菌作用があり、大腸菌やサルモネラ菌、O-157、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌など多くの食中毒の原因となる菌の増殖を抑制する働きや、食欲増進作用もあります。
わさびに含まれる「アリルからし油」という成分が魚の臭みを消し、食欲を増進させ、独特の香りと辛味が胃を刺激して食欲と消化を助けてくれます。

そして活性酸素を除去するポリフェノールよりも高い抗酸化作用がある「スルフィニル」という成分が多く含まれていて、この成分が美容効果があるとして注目されています。
この効果により老化防止効果が期待できるのです。

スルフィニルの効果を紹介!

BA-2_R

わさびに含まれる「スルフィニル」にはたくさんの効果があります。

・血流改善作用
血流の流れをアップさせる。
・ガン細胞転移抑制作用
発がんを抑えたり、転移するのを抑制したりする働きがある。
・糖尿病合併症予防作用
糖尿病性の肝機能不全を防ぐ作用。
・花粉症軽減効果
抗炎症作用があるため、スギ花粉を軽減する働きがある。
・炎症抑制作用
ワサビスルフィニルの濃度が高いほど炎症の原因を抑える働きがある。
・膝関節痛抑制作用
関節痛の改善が期待できる。
・美肌効果
ワサビスルフィニルを摂取し続ける事でシミ・そばかすの改善効果がある。
・抗酸化作用
ストレスや高血糖などが原因で体内に過剰発生する活性酸素から体を守ってくれる。
もともと人間が持っている抗酸化作用を高める働きもあり、全身の老化の原因である活性酸素を撃退してくれる。

などの効果があります。

効果的なスルフィニルの取り入れ方法とは?

BA-3_R

わさびにスルフィニルが多く含まれているからと大量に摂取するのは難しいですよね。
それにわさびといえばチューブを想像しますが、チューブにはスルフィニルが含まれていないためチューブのわさびを摂取しても効果は期待できません。

ワサビスルフィニルの特徴はわさびをすりおろすことで初めて効果を発揮しますが、生のわさびを買って、すってというのも大変ですよね。

そんな時はサプリメントで補う方法が一番簡単に摂取することができ効果的でしょう。
わさびが苦手な方でも取り入れやすいですよね。

そしてもう1つ肝心な事は、わさびにも国産と西洋のわさびがあり、香りや辛味はほぼ同じなのですが含まれている成分が違い、チューブと同じく西洋のわさびにはスルフィニルが含まれていません。
日本原産のわさびでないと効果がないので食する時は注意してください。

まとめ~わさびのパワーで健康な体を保とう!~

BA-4_R

わさびの効果が現れるには、1日5グラム以上摂る必要があります。
小さじ1杯のわさびですが、毎日摂るのも大変ですよね。

そんなとき、わさびに熱を加えることで辛味がなくなり食べやすくなるので、料理に工夫して使ってみてください。

どうしても生のわさびが手に入らない時は、チューブのわさびでも「本わさび使用」と書かれているわさびを買うようにしてください。生ほどではありませんが「本わさび使用」ならスルフィニルが含まれています。

わさびは薬味だけとしてではなく、健康、美容にもいいと注目を浴びています。
毎日少しずつのわさびを食べて健康な体を保ち、美肌も手に入れましょう。

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP