話題のスーパーフードって?高栄養のオーガニック食材を食生活に取り入れる

  • 公開日:2015/11/24 最終更新日:2017/04/14

美容と健康でいま注目を浴びているスーパーフード。
聞いて知っているけど、スーパーフードってどんなものなのか詳しくは知っていますか?

女性の間ではアサイーやチアシードなどが流行っていますが、その他にどんなスーパーフードがあるのか、そしてどんな効果があるのか、今回調べてみました。

最近ニュースでも話題の「スーパーフード」って何?

AT-1_R

スーパーフードとは、「抗酸化力」のある食品の総称とされていて、
・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること、またはある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品のこと。
・一般的な食品とサプリメントの中間のような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途を併せ持つこと。
・低カロリー
・自然から生まれた添加物を含まないナチュラルな素材で、野菜や果物、魚、海草、オイル、ナッツなど、余分な添加物が含まれない自然素材であること。

と定義されています。

スーパーフードは自然生まれの食品であることが基本で、日々の食生活の栄養バランスを整え、健康で若々しい体をキープするために役立つ食品といえます。
スーパーフードには体の調子を整えるビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、必須脂肪酸、食物繊維などを多く含んでいます。

しかしスーパーフードだけを取ったからと栄養が取れるわけでもなく、1日の栄養の不足分を補うものとしてスーパーフードを取り入れるようにしてください。

スーパーフードにはどんな食材があるの?

AT-2_R

代表的なスーパーフードを紹介します。

〇アサイー
高い抗酸化力を持つ、ブラジル生まれのスーパーフード。クセが少なく食べやすい。ブルーベリーの18倍のポリフェノールを含み、ごぼうの3倍の食物繊維を含んでいる。
☆おすすめはこれ>>

〇カカオ
ビタミンEとカカオポリフェノールを含んでいて若々しさをキープできる。

〇ゴジベリー
和漢植物としても知られくこの実とも呼ばれ、そのまま食べてもおいしい。

〇マキベリー
ペルーの山地で採れ、アサイー以上の抗酸化力を持つといわれている希少なスーパーフードで、酸味が強いのが特徴。

〇チアシード
植物でオメガ3の含有率が高く、水分を含むと膨らむため、お腹の中で膨張してくれ、ダイエット効果が期待できる。
おすすめはこれ>>< 〇ココナッツオイル
脂肪の燃焼を促進してくれるこうかがあり、ダイエット効果がある。母乳にも含まれるラウリン酸がたくさん含まれており、免疫力を高めてくれる。
☆おすすめはこれ>>

〇ウコン
色素成分のクルクミンが肝臓の働きを良くする他、抗うつ作用を持つ。
☆おすすめはこれ>>

〇キヌア
タンパク質でミネラルが豊富でグルテンフリーな穀物。不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維の補給に最適。

〇ブロッコリースプラウト
ブロッコリーの新芽で、スルフォラファンという活性酸素を除去する抗酸化物質を多く含んでいて、ブロッコリーよりも栄養も高く、酸素を多く含んでいるので少量でも効率よく栄養を取ることができる。生でも加熱をしても美味しく食べられる。

和の食材でもスーパーフードはあり、
・納豆
・梅干し
・生姜
・大根
・白菜
・緑茶
・大豆

などがあります。

果物では
・オレンジ
・キウイ
・ザクロ
・リンゴ

などがあります。

スーパーフードを取り入れやすい方法は?

AT-3_R

和のスーパーフードや果物はスーパーなどで手に入りますが、アサイーなどの果物は日本で購入するというのは難しいため、パウダーが主流です。

いつものメニューに「+α」として取り入れるのが一番簡単<で、ヨーグルトに混ぜたり、サラダにかけたり、カレーや手作りパン、焼き菓子に混ぜたりして取り入れるという方法があります。 しかし中には熱に弱い栄養もあるので、なるべく加熱しないで「生」の状態で取り入れるのが理想です。

まとめ~毎日の食事にスーパーフードを取り入れ健康な体を作ろう!~

AT-4_R

スーパーフードは種類がたくさんあり、溶けやすいパウダータイプがほとんどなので生活に無理なく取り入れることができて、和のスーパーフードは料理の材料として使えますよね
1日の始まりの朝食にスプーン1杯から始め、毎日取り入れると十分な栄養が体に行き渡ることで活力が湧いてくるようになります。

キレイは内側からといいますよね。
自分の不足しがちな栄養をスーパーフードで補うことで体の中からキレイになることができます。

美と健康のために毎日の食事にスーパーフードを取り入れてみませんか。

関連記事

新着記事

人気記事