女性こそ飲むべき?ルイボスティーの効果

  • 公開日:2016/11/21 最終更新日:2017/01/13

ルイボスティーは南アフリカが原産で、マメ科の低木の葉を使ったお茶です。
古くから、「奇跡のお茶」と呼ばれ親しまれながら飲まれ続けてきたと言われています。

「奇跡のお茶」と呼ばれている名のごとく、女性に嬉しい効果をたくさん持ち合わせているルイボスティー。
ノンカフェインなので、小さなお子さんや妊婦さんにも安心して飲めるのも嬉しいですね。
今回はそんなルイボスティーの効果と、効果的な飲み方を紹介します。

ルイボスティーの効果とは?

body_22
◆美肌効果
ルイボスティーにはミネラルやカルシウム、ビタミンCなど美肌を作るために欠かせない成分がバランスよく含まれています。

また、SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)という抗酸化成分が含まれ、肌の老化を食い止めて若々しさの維持に効果的です。
さらには、メラニン生成を抑制したり、細胞を守ってくれたりするというので、美肌を目指す女性にはオススメのハーブティーと言えるでしょう。

肌のしわ、たるみ、乾燥に悩む方にもオススメです。

◆妊娠しやすくなる
ルイボスティーが妊活にオススメというのは有名な話です。
ルイボスティーには、ミネラル、亜鉛、ポリフェノールなどの卵子の質を高める成分が含まれます。
排卵周期を安定させる働きもあり、妊娠しやすい体へ導いてくれるのです。

SODは妊娠の邪魔をする活性酸素を除去するので、卵子が老化するのを防ぎ、受精しやすい環境を整えるのに役立ちます。

亜鉛は黄体形成ホルモンを活性化し、エストロゲンの分泌をサポートします。
エストロゲンによって子宮内膜が厚くなり、受精卵が着床しやすくなるのです。
カフェインが含まれないので、安心して飲めるのもポイント。

◆むくみ、冷え性改善
冷え性はミネラル不足が原因の1つ。
ルイボスティーには、マグネシウム、ナトリウム、鉄などのミネラルがたっぷり含まれているので、冷え性改善に効果的です。
ミネラルには体温を上げる働きや、リンパや血のめぐりを促進する効果があります。
体温を上昇させながら体内循環をスムーズにすることで、余分な水分が排出されむくみ解消にも繋がるのです。

◆便秘改善
ルイボスティーのSODが腸内をきれいにし、善玉菌の活動を活性化。
腸内の水分を集めるマグネシウムによって、硬い便が柔らかくなり排出しやすくなります。
また、腸内環境が改善されることで便のにおいが和らぐ、尿の色がきれいになるなどの変化もあるのです。

老廃物をため込まず胃腸の働きを促すことで、痩せやすい体質がつくれるのでダイエット効果も期待できますね。

◆貧血予防
鉄分は飲み物や食べ物でしか補えません。
しかし、鉄分だけをとろうとしても他の食材の成分が邪魔となりうまく吸収できないのです。
ルイボスティーは吸収の邪魔になるタンニン、カフェインが含まれないため鉄分を効率的に補えます
100gあたり10gの鉄分が含まれ、1日に2~3杯で十分に補えるでしょう。

◆アトピーの緩和

ルイボスティーには体質改善が期待できることから、アトピー性皮膚炎の根本治療としても期待されています。
アトピー性皮膚炎による過剰な活性酸素を除去する効果もあると言われているのです。
乾燥肌の原因になる過酸化脂質も減少し、皮膚の炎症を緩和していくことができるでしょう。
また、亜鉛が含まれるため皮膚細胞の新陳代謝が活発になり、壊れた皮膚をスムーズに修復できます。

◆リラックス効果
ルイボスティーにはフラボノイドが含まれ、ストレスを抑えてリラックス作用をもたらします。
海外ではストレスに対する薬としても利用されているのです。

亜鉛、セレン、マグネシウム、ビタミンB1、B2などが体内のエネルギーを活発にし、体を温めることで気分が落ち着いて安眠できるようになります。
カフェインが含まれないため、寝る前に飲んでも睡眠を邪魔しません。

◆二日酔いの予防、改善
ルイボスティーは活性酸素の除去効果があるため、二日酔いの原因と言われているアセトアルデヒドという毒性を持つ成分を除去してくれるのです。
ミネラルも豊富なので肝臓の働きを助け、効果的に二日酔いの予防と改善に働きます。

◆その他の効果

他にも、新陳代謝向上による生理痛の緩和、毒素を排出することで加齢臭や体臭の改善、更年期、熱中症、痛風、花粉症、糖尿病などの予防改善効果に期待ができます。

ルイボスティーの飲み方について

body_23
ルイボスティーの摂取目安は1日カップ2~3杯と言われています。
いろいろなメーカーからティーバッグなどが発売されていますが、お湯出しや水出しが定番の作り方です。

ルイボスティーの有効成分をしっかりと摂りたい方は、やかんや鍋で煮出す方法がオススメ
まず、やかんや鍋に水とティーバッグを入れ、強火で沸騰するまで加熱してください。
沸騰したら弱火にし、5分程度煮出して、飲みたい温度に冷ませば完成です。

ルイボスティーはノンカフェインなので、煮出しても渋くなりずらいとのこと。
ぜひひと手間かけて、カラダにたっぷりルイボスティーの成分を取り入れましょう。

また、飲むタイミングによって効率的に効果を発揮させることができるので、紹介します。

・温かくして飲む
温かくして飲むことで体を温め、冷えにくくします。
体が温まることで血流がスムーズになり、ダイエットのサポート、美肌に効果的です。

・寝る前に飲む
リラックス作用があるため、寝る前に飲むことで安眠することができます。

・朝、起きた後に飲む

ルイボスティに含まれるマグネシウムが排便を促し、朝からすっきり。

・食事前に飲む
食事の30分前くらいに飲むことで、カテキンが脂肪の吸収を抑えてダイエット効果に期待できます。

ルイボスティーの副作用について

body_24
ルイボスティーは妊婦さんも飲める、副作用のほとんどない安全なお茶です。

しかし、水分を過剰に摂取してしまいお腹がゆるくなることがあります。
便秘を解消してくれる効果があるのは説明した通りですが、逆に大量に飲むと下痢を引き起こす原因になるので注意が必要です。

また、乳幼児に飲ませる場合は白湯で薄めて飲ませてください。

まとめ

body_25
ルイボスティーは、渋みやクセが少なく、お子様からご年配の方まで飲みやすいすっきりした味わいです。
もし飲みにくいと感じた方は、ミルクや砂糖を少し入れるだけで、美味しく飲みやすくなるのでお試しください。
あまり知られていませんが、ルイボスティーはミルクとも合うと言われているのです。

今回ご紹介したように、ルイボスティーには女性の悩みを改善してくれる嬉しい効果がいっぱいあります。
その上ノンカフェインで副作用がほとんどないので、安心して日常に取り入れることができますね。
最近ではスーパーなどでも手に入れることができるので、毎日のルイボスティーで手軽に体質改善を目指しましょう。

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP