腸もみマッサージで美腸に!便秘解消やダイエット効果も

  • 公開日:2016/11/30 最終更新日:2017/07/13

女性の方で便秘に悩んでいる方は多いと思います。
便秘を解消するためにいろいろな方法を試しているけど、なかなか改善しないという方もいるでしょう。
薬などにはなるべく頼らずに便秘を解消する方法を知りたくないですか?

まずは腸内環境を整えることが大切です。
腸が整うと便秘解消だけでなく、健康や美容に嬉しい効果も期待できます。

腸内環境を整える方法

body_7
腸内環境を整える方法に「腸もみマッサージ」というものがあります。
テレビでも話題になったことで、聞いたことがある方も多いのでは。

腸もみマッサージ(腸もみ健康法)とは、その名の通り腸を揉みほぐすことで本来の良い状態にし、体内の老廃物を排泄させ、内蔵環境を整えるためのケアのことです。

腸は食事や排泄の他、外敵から身を守る免疫機能など、人が生まれてから毎日働いています。
体が疲れたり肩が凝ったりするように、腸も疲れたり凝ったりするのです。
それにより代謝がスムーズに行われず体調不良の原因となる場合や、血流が悪くなり冷えや肩凝り、肌荒れなどのトラブルも引き起こしやすくなります。

また腸が疲れると腸は硬くなり便秘の原因に。
腸のコリを解消しないでそのままにしておくと、慢性的な便秘になり腸内だけの問題にとどまらず全身にも広がります。
上記でも書いた症状の他に頭痛や口臭、不眠、肥満など様々な体の不調を招いてしまうのです。

こんなあらゆる体のトラブルを改善するために、腸もみマッサージは効果的といえるでしょう。

腸もみマッサージの効果は?

body_8
・便秘改善
腸に働きが活性化することで停滞していた便も排出され、便秘解消に繋がります。

・栄養素を吸収しやすくなる
腸に溜まっていた汚れが落ち血行も良くなることで、栄養素を吸収しやすい体になるでしょう。

・肌荒れが改善
「肌は腸を映す鏡」とも言われるほど肌と腸は密接な関係なので、腸がキレイになると肌も自然とキレイになります。

・リラックス効果がある
腸は自律神経にも繋がっているので、自律神経が刺激されることでリラックス効果があります。

・冷え性改善
冷えて硬くなった腸をマッサージすることで、血行が促進され代謝が上がり冷え性改善効果も。

・ぽっこりお腹を改善
小まめな腸もみを行うことでリンパの流れをよくし、むくみの改善やぽっこりお腹も改善でき、ダイエット効果に期待できます。

・ストレス解消
ストレスは胃にくるといいますが、強いストレスは同じ内臓の腸にも影響があります。
腸の環境が整うことで、たまったストレスの解消にも効果的です。

自分でもできる腸もみマッサージのやり方と注意点

body_9
腸もみマッサージはほんの数分でできるので毎日続けるのも大変ではありません。
自分でも簡単にできる腸もみマッサージ(内臓マッサージ)を紹介します。

仰向けに寝た状態でも座ったままでもどちらでもOKです。
お風呂の中で温まりながらするとより効果的なのでオススメ。

<腸もみマッサージのやり方>
①まずは腸を刺激する
指を開きウエストの両脇に手を当てて揉みほぐしていきます。少し強めに動かしながら上下に手を移動させる動きを10回繰り返します。

②小腸の老廃物を動かす
おへそから3cm左横から右下までU字を描くように両手の指先を揃えてマッサージしていきます。ゴリゴリしたところがある部分はしっかりと揉みほぐしましょう。これを3回行います。

③大腸の老廃物を動かす
おへその右下が大腸の位置になり、そこからおへその上を通り左下まで両手の指先を揃えてマッサージ。大腸は便が溜まりやすい場所なので、しっかりと揉みこんで老廃物を出しましょう。これも3回行います。

注意点としては空腹時、食後すぐや下痢を起こしているとき、生理痛がひどい、生理中、妊娠中などの方は行わないようにしてください。
またあまり強い力でするとアザになってしまうので少し痛いくらいの力で押すようにしましょう。

ゆっくりと丁寧に溜まった老廃物を移動させるイメージで揉みほぐすと効果がアップするので試してみてください。
1日で効果を出そうと思わず慌てず毎日続けることが大切です。

まとめ~腸が元気になると体も元気になれる!腸もみマッサージを取り入れよう~

body_10
どんなにダイエットを頑張っても、肌ケアをしても便秘や不調を抱えた腸ではうまくいきません。
腸が健康でないと体も健康にはなれないのです。
逆を言うと、腸の機能が整うことで慢性便秘の解消ダイエット効果も期待できます。

腸もみマッサージは一人でも簡単にできる健康法です。
毎日少しずつでもいいので元気な腸を目指してほぐしてあげましょう。
ダイエットをしたい!肌トラブルを改善したい!便秘を解消したい!という方は腸の健康から見直してみてはどうでしょうか。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP