春到来!栄養たっぷりの春野菜を食べてキレイになろう

  • 公開日:2017/03/17

本格的な春が近づくと空気や風の匂いも春めいて、思わずウキウキしてしまいますよね。
心も体も気持ちよく春を迎えるために、私たちは何ができるでしょう。

春に旬を迎える野菜には、私たちの肌や体を健やかに整えるパワーがあります。
春野菜といってもたくさんの種類がありますが、今回はおいしい「春野菜」の特徴と栄養、美容や健康に嬉しい効果などを紹介します。

春野菜がなぜ美容や健康にいいの?

春の旬野菜は体内の余分なものや老廃物を排出するデトックス効果が高いものが多いです。
寒い冬には新陳代謝が低下し、ついつい温かい部屋にこもりがちになって運動量が減ってしまいます。
体を動かさないことや代謝が落ちることで体には脂肪や水分、老廃物、毒素が溜まり太りやすく、吹き出物もできやすくなるのです。

春野菜は冬に溜め込んだ体に必要ないものを排出するデトックス(解毒)を助ける働きがあるので、その結果美容にも健康にも嬉しい効果をもたらします。
余分なものが溜まっているせいでむくみや吹き出物、くすみに悩んでいた方はとくに効果を実感できるでしょう。

毒素が溜まっていると肌の老化も早まります。
春野菜は毒素を排出してエイジングケアを助ける野菜なのです。

春野菜の特徴と栄養とは


春キャベツや新タマネギなんて聞くと、春野菜だなと思い浮かべる方が多いと思います。
「春」や「新」が頭につくのももちろん春野菜の特徴ですが、つかないものもたくさんあるのを覚えておいてください。

春野菜はなんといっても「苦味」が特徴。
独特の風味をもち、クセのあるものが多いのです。

春野菜独特の苦みは主に「植物性アルカロイド」という成分がもとになっています。
植物性アルカロイドは解毒作用や新陳代謝を促す働きがあり、デトックスやダイエットに効果的です。
またビタミンミネラル類ポリフェノールなどが豊富に含まれており、これらの栄養素は活性酸素の除去や老化防止、病気の予防など、健康の維持に高い効果があるのです。

美容や健康にいい春野菜&簡単レシピ

寒い冬を乗り越えて強く育ってきた春野菜には、体を整える栄養素が多く含まれています。
中でも美容や健康にいいとされるおすすめの春野菜を栄養と効果を合わせて紹介しましょう。

◆ふきのとう

ふきのとうは独特の苦みがあり、この苦みはフキノール酸というポリフェノールによるものです。
ポリフェノールは活性酸素を除去する働きに優れ、体や肌の老化を防止。
苦みは胃腸を活発にし、消化吸収を高める働きもあるので便秘解消にも効果的です。
胃腸機能が活発になることで体が目覚めて春を元気に迎えられるでしょう。
また、抗アレルギー作用もあるので春の厄介な花粉症予防にも効果的と言われています。

◆たらの芽

カリウム、カルシウム、ビタミン、鉄、葉酸が豊富です。
糖の吸収を抑え肥満予防糖尿病予防にも効果的。
体の余分な水分や活性酸素を除去する働きに優れる栄養素が豊富なので、肌のくすみ、吹き出物、ニキビやむくみ、ダイエットにおすすめの春野菜です。
サイズの小さなものは苦みが少なく食べやすいですが、独特の苦みが好きな方はサイズの大きいものがおすすめ。

◆ふき

ビタミン類、ミネラル類、食物繊維が豊富でデトックス効果に優れる万能野菜。
豊富なカリウムは塩分を排出し、むくみ解消、血圧を下げて健康な体へ導きます。
クロロゲン酸という抗酸化成分も含まれエイジングケアにぴったりの食材です。
栄養価の高さから薬効食材としても昔から活用されています。

◆たけのこ

カリウム、亜鉛などのミネラル類や食物繊維が豊富です。
たっぷりの食物繊維は腸内を綺麗にし、滞った便から発生する毒素による健康や美容への影響を防ぎます。
チロシン、アスパラギン酸など老化防止に効果的な成分も含まれ、若々しい肌作りにおすすめとなっています。
えぐみが強いのであらかじめえぐみを抜く必要があります。

◆そら豆

ビタミン類、カリウムが豊富です。
女性に嬉しいホルモンバランスを整える効果PMS(月経前症候群)を抑えるビタミンB6が豊富。
タンパク質の代謝にかかわるビタミンで、皮膚炎や口内炎にも効果的です。
また、不眠や情緒不安定になりがちな春の生活をサポートしてくれます。
そのほかにもミネラル類や葉酸がバランスよく含まれています。

◆春キャベツ

キャベツは冬も収穫できる野菜ですが、春キャベツの方が栄養価が高く、みずみずしさや柔らかさが特徴です。
冬のキャベツよりも生食に適しているでしょう。
大きな葉っぱを2~3枚分食べるだけで1日分のビタミンCを補えるほどビタミンCが豊富と言われています。
ビタミンCは抗酸化作用にも優れますが、コラーゲンの生成を助ける作用もあるので弾力やハリのある肌作りにぴったりです。

<春野菜のお手軽簡単レシピ>

〇春野菜のコンソメスープ
ざく切りにしたたっぷりの春キャベツとアスパラガスなど、お好きな具材をコンソメで煮込むだけの簡単レシピ。
お好みでニンニクを加えて風味付けをしてください。
どんな野菜を加えてもおいしく食べられるので、冷蔵庫に残った残り野菜のお片付けにもおすすめです。

〇たけのこのおかか和え
あく抜きをしたたけのこを一口大にスライスし、水とめんつゆでさっと煮て鰹節で和えるだけ。
お酒のお供にもおすすめの一品です。

〇たらの芽、ふきのとうの天ぷら
水で溶いた天ぷら粉にくぐらせ、カラッとするまで揚げます。
お浸しにする場合はあく抜きが必要ですが、天ぷらにする場合はあく抜きの必要はありません。
小えびとそら豆のかき揚げもおいしいですよ。

〇そら豆のコロッケ
普通のコロッケを作る時にタネにそら豆を一緒に混ぜます。
そら豆は軽く刻んで細かくしてからじゃがいもに加えてください。

まとめ~春野菜で体をデトックスしよう~


春野菜は苦みが強く独特な風味があるものが多いのですが、寒い冬を乗り越えてきた強いパワーが備わっています。
その独特な味わいが癖になるという方も多いのではないでしょうか。

旬の野菜はその時期に体が欲している栄養素がたっぷり含まれています。
春野菜ならではの健康と美容パワーで健やかな体や若返りを目指しましょう!

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP