美人の定番美容「白湯」って本当に効果ある?正しい作り方飲み方とは

  • 公開日:2017/12/01

「白湯」は以前からダイエットや美容に効果がある有名ですが、実践してみてもあまり効果を感じられずいつの間にかやめてしまったという方も多いのでは?
美意識の高い女性は白湯を飲んでいろいろな効果を感じていると言いますが、効果を感じられない方とは何が違うのでしょうか。
そして実際にはどんな効果が期待できるのでしょうか。

白湯の正しい作り方や効果的な飲むタイミングなど、詳しく紹介します。

美意識高い女子の定番美容「白湯」ってなに?


「白湯」とは水を沸騰させて飲める温度にまで冷ましたお湯のことで、湯冷ましとも呼ばれます。
そんなただのお湯が本当にカラダにいいのでしょうか。

インドの伝統医療のアーユルヴェーダも「魔法の飲み物」と呼び健康法の1つとして白湯を飲むことを古くから推奨していたそうです。
病人が薬を飲むときに一緒に飲んだり、母乳やミルク以外が飲めるようになった赤ちゃんに飲ませたり体が弱って丈夫ではない方も負担なく飲めるものとして昔から飲まれていました。

白湯は一度沸騰させることで水道水に含まれる「塩素」が取り除かれ口当たりが良くなり飲みやすくなります。(白湯の作り方はのちほど紹介します)
コップに水道水を入れたとき漂白剤のような臭いがする原因となるのが「塩素」で、体に悪影響を与える物質で発がん性もあると言われているのです。
白湯はそれを取り除くので、安心して飲めるのがポイント。

白湯がもたらす美容効果とは


女優やモデル、美容に敏感な方の定番ともなっている白湯は、どうしてここまで注目されるようになったのでしょうか。

それは白湯を飲むことで体の温度が上がり、そのことによってさまざまな美容・健康効果が得られるから。
体の温度が1度上がると免疫力や基礎代謝が向上し健康的な体に導いてくれるのです。
運動をしたり、お風呂に入って体を温めることで体温をあげることはできますが、白湯の場合体の内側から体温を上げることができ、内臓を温めるので体の機能を高めてくれます。
白湯を飲むだけの簡単な健康・美容法なのです。
白湯を飲むことで期待できる美容効果はこちら。

◆肌質改善効果
肌トラブルの原因の1つとして血行不良がありますが、血行不良は体の体温が下がり血行の働きが悪くなることで起こります。
それにより肌代謝が悪くなり肌トラブル(ニキビ、吹き出物、肌荒れ)を引き起こしてしまうのです。
白湯を飲んで体温が上がると血行が良くなり肌代謝が活発になります。
肌トラブルを改善することができるなど、エイジングケアにも最適です。

◆便秘解消効果
便秘は美容やダイエットには大敵です。
白湯は胃腸などの臓器を温めることができ、腸の動きが活発になるので消化機能が向上し便秘を解消してくれます。
便秘の原因の1つとして胃や腸が冷えることで内臓の働きが悪くなり消化機能が低下することが挙げられます。
白湯は体の内側、内臓を温めることができ、この原因を解消する効果が期待できるのです。

◆ダイエット効果
上記でも書いたように白湯を飲むことで基礎代謝が上がり、代謝が上がることで脂肪を燃焼する働きが活発になりダイエット効果も期待できます。
しかし、ダイエットに効果があるからと飲み過ぎは禁物です。
1回に200mlほどにしましょう。
飲み過ぎると余分な水分が体に溜まってむくみの原因になったり、必要な栄養分まで洗い流してしまうので気を付けましょう。

◆冷え性の改善効果
女性にとっては冷え性も大敵ですよね。
冷えの原因は血行の悪さで、血行が悪いと体の余分な水分が体外へ排出されず体が冷えてしまうのです。
白湯は体を温め血行を良くする効果があるため、体内の余分な水分を排出する働きが良くなり冷え性の改善効果が期待できる上に、血行が良くなったことで冷えからくる肩凝りなどの解消効果もあります。

◆デトックス効果
白湯を飲むとトイレが近い!と経験したことはありませんか?
白湯は体に必要な水分を補給することができ、また体の余分な脂肪や老廃物を排出する働きが良くなり尿の排出量が増えるのです。
それによりむくみ解消効果が期待できます。

効果のある白湯の正しい作り方と飲み方を紹介


さまざまな効果がある白湯。
上記のような効果を得るためにはどのようにすればいいのでしょうか。
ただ飲むだけでいいのか?いつ飲んでも効くのか?
白湯の正しい作り方飲むタイミング摂取量を解説します。

冒頭でも少し触れましたが、白湯の正しい作り方は沸騰してすぐ火を消さず10分以上沸騰させ続けてから火を止め、少し熱い50℃くらいに冷まして飲みます。
10分も沸騰させる理由は、水道水に含まれる体に害を及ぼす塩素を取り除くためです。
その塩素には「トリハロメタン」という害のある物質が発がん性を持っていて、沸騰直後がこの「トリハロメタン」の発生量が多くなるため、沸騰してすぐ火を止めてしまうと最も多い「トリハロメタン」を飲んでしまうことになります。
10分以上そのまま沸騰させると「トリハロメタン」を取り除くことが出来、安心して飲むことができるのです。
ミネラルウォーターの場合は水道水ほど沸騰させる時間は長くなくても大丈夫です。

1日の飲む量は800mlほどがおすすめ。
何でもそうですが、体にいいからと取りすぎは逆効果になってしまうので気をつけましょう。

飲むタイミングとしては朝、食事中、寝る前です。
朝は寝起きに飲みます。
寝てる間に人間は汗をかき水分不足になっているため、朝の水分補給をするのは大切です。
冷たい水では寝起きの体には負担がかかってしまうので、体温に近い白湯なら内臓にも負担をかけずに体に水分補給をすることができます。

食事中のときに飲むと消化機能がよく働き、食べ物が体の吸収されやすくなります。
1度の食事に200mlを目安に取るようにしましょう。

寝る前に飲むと「寝付きがよくなる」「寝ている間の水分不足を防ぐ」などの効果があり、質のいい睡眠を取ることができます。

女性はとくに体が冷えやすいので、これらのタイミングで正しく作った白湯を飲み、美容や健康に役立てましょう。

まとめ~今日からできる!白湯を効果的に取り入れキレイになろう~


白湯ってすごい!
温めただけのお湯にこんなにも優れた効果があるとは驚きですね。
私もいろいろなダイエットに挑戦してきて白湯も試してみましたが、やり方を間違っていました。
正しい作り方と飲み方をきちんと知ってもう一度試してみようと思います。

年齢を重ねてくるとつくづく感じる「冷え」
白湯を飲んで体をいつもポカポカにしておくことで、美容にも健康にもたくさんの効果が期待できるのでぜひ試してみてください。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP