美容液で本格スキンケアを始めよう!美容液の種類と効果的な使い方&選び方

  • 公開日:2017/06/14

若い頃は化粧水と乳液を使っていれば肌はピンピンとしていたのに、近頃はそれだけのケアでは保湿力も心もとないし肌に元気がない…そんな風に感じたことはありませんか?
美容液は年齢とともに不足する肌の潤いや働きを補い、特別なスキンケアをするためのアイテムとしておすすめです。

肌に良い成分がぎゅっと凝縮され、気になるポイントに浸透して若い頃のような元気で綺麗な肌へと導いてくれるでしょう。
そんな美容液にもさまざまな種類があり、悩みに合わせて選ぶことができます。
どのような美容液があり、それぞれどう使うと悩みの解消に効果的なのか、あなたにおすすめの美容液の選び方を紹介します。

なぜ美容液を使う必要があるの?


私達は年齢を重ねると肌のハリや弾力を作る働きや水分を維持する働きが弱まっていき、そうした「老化現象」からたるみシワシミくすみ乾燥などあらゆる肌トラブルが出てきます。
美容液にはそんな肌トラブルをできる限り防ぎ改善させる「保湿をする」「美白成分を浸透させ美白する」「コラーゲンを作るサポートをしハリをアップさせる」など、さまざまな効果が期待できるのです。

肌の悩みに合わせてこれらの効果がある美容液を選び、日々のスキンケアに使えば効果的なエイジングケアを行うことができるのです。

<美容液が必要な人>
・30歳を超えている
・最近、肌に若々しさや元気が足りない
・肌トラブルがなかなか改善しない
・エイジングサインが気になる

美容液の種類と選び方


①肌の乾燥を改善する
一般的によく使われているのが保湿用の美容液です。
肌の内部に水分を維持する働きをサポートし、乾燥しにくい状態にしていきます。
肌の乾燥はターンオーバーを乱して角質が溜まり、それによる吹き出物、ニキビやくすみ、シミなどの色素沈着を定着させてしまう原因に。

また、肌の水分が少ないとバリア機能が弱まり外部からの刺激に弱くなるので、ちょっとしたことで肌荒れを起こしたりピリピリとした刺激を感じます。
保湿目的の美容液は成分にコラーゲンヒアルロン酸セラミドなどが使用され、水分の保持を助けてこれらの肌トラブルの予防と改善に効果を発揮します。

②エイジングケアに特化
肌は老化すると内部のコラーゲンが減り、しかも自らコラーゲンを作る量が減ってしまうためにシワやたるみができやすくなります。
ハリがなくなって肌がしぼむと顔の皮膚や肉が重力で垂れ下がるだけでなく、毛穴が下へ引き延ばされて「しずく型」に開いてしまうことも。
毛穴が開くので当然汚れが詰まりやすく、黒ずみにも悩まされるでしょう。

エイジングケア用の美容液は肌がコラーゲンを作る働きを促すEGFレチノールナイアシンなどを配合しています。
短期間でシワやたるみが改善されることはありませんが、シワ予防や悪化するのを防いだり徐々に薄くしていく効果に期待できるでしょう。

③美白ケア
年齢を重ねると気付いたらシミができていたということが増えてくるでしょう。
シミはメラニン色素が肌の内部で作られることでできるもので、紫外線を浴びると肌の防衛機能によりさらにメラニンが作られて悪化します。
長年紫外線対策をしていなかった方や日焼けサロンに行っていた方は、今目立たなくても将来シミがたくさんできる可能性が高いです。

プラセンタビタミンC誘導体アルブチンなどが配合されている美白用の美容液は、シミの元のメラニン色素の生成を抑える働きがあり、シミの予防に効果が期待できます。
予防を目的としているので、できているシミをなくすのはかなりの時間が必要です。
美白美容液はターンオーバーを促す働きもあるので、徐々に薄くしていく効果はあるでしょう。
肌の生まれ変わりを促すことでくすみも徐々に消え、明るい肌に導きます。

このように、美容液には目的に合わせた効果があるので自分の悩みに合う美容液を選ぶのが肌トラブル解消への第一歩です。
そして、使用感が気に入るものを選ぶのも大事です。

「肌に必要な成分は入っているがべた付くのが気になる」
「匂いがきつい、好みではない」

など、不満を感じるものを使っても長続きしません。
毎日のスキンケアに使える気に入ったものを選びましょう。

ecalic021_013 人気の美容液オイルはこちら>>美容液オイルはエイジングケアに最適!ハリとうるおいを与えて美肌になろう

美容液の効果的な使い方


美容液を使う順番は基本的に「化粧水→美容液→乳液→クリーム」です。
1回の使用量はパッケージに記載されているので、使用量を守り使ってください。

化粧水をジャバジャバ使うといいというのを聞くので美容液もたっぷり使った方が良いのでは?と思うかもしれません。
美容液の1回の量ってほんの数滴で少ないですよね。

しかし、美容液にはたくさんの美容成分がぎゅっと濃縮されているので、使い過ぎは成分を吸収しきれずベタベタになってしまいます。
適量を肌に馴染ませ、乳液やクリームでしっかりフタをしましょう。
「使用量を守る」「順番を守る」ということができていればOKです。

まとめ~美容液で年齢に負けない本気のスキンケアを始めよう~


美容液は肌に必要な栄養を与える「サプリメント」のようなアイテムです。
肌に元気が足りなくなってきたなぁと感じる方、今の若い肌をいつまでも維持したい方はぜひ美容液を使ってエイジングケアに取り組んでみてください。

さまざまな種類が販売されていますが、それぞれ特長や効果、使用感も異なります。
自分に合ったものを見つけて、本気のスキンケアを始めましょう。
エイジングケアにおすすめの美容液は「美容液オイルはエイジングケアに最適!ハリとうるおいを与えて美肌になろう」をご覧ください。

【あわせて読みたい記事】
ecalic021_013 皮膚再生医療から生まれた美肌成分「EGF」がハリとツヤを回復させ肌を若返らせる
ecalic021_013 食べる美容液「アボカド」で美肌をつくる!美容効果の高い驚きの栄養素とは

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP