敏感肌ってどんな肌?原因や改善方法&セルフ敏感肌チェック

  • 公開日:2017/09/27

敏感肌は普通肌や乾燥肌など、色々なタイプに分けられる肌質(肌タイプ)のうちの1つです。
敏感肌と言えば「肌荒れしやすい」「弱い」というイメージが大きいですが、具体的にはどのような肌質なのでしょうか?
また、どんな肌トラブルを起こしやすい肌質なのか、そもそも自分が敏感肌なのか分からないという方のためのセルフ敏感肌チェック法を紹介します。

敏感肌は放置するとどんどん肌トラブルを招く注意したい肌質。
正しいケア方法さえ知っていれば改善させることもできるので、諦めずに取り組みましょう。

敏感肌ってどんな肌?


敏感肌は化粧品、摩擦、紫外線など外からの刺激に対して弱い肌質です。
一般的には問題のない刺激や化粧品でもピリピリと痛んだり火照ってしまう、かぶれ、かゆみが生じるなど化粧品選びにとても苦労します。
敏感肌になるとどんなトラブルを起こしやすいのかまとめてみました。

・肌に合う化粧品が見付からない
・化粧品を付けると肌に違和感を感じる(火照り、ピリピリ、かゆみ)
・化粧品を付けると酷い場合、かぶれや湿疹ができる
・季節の変わり目になると肌が不安定になる
・紫外線を浴びるとかゆくなる
・乾燥しやすい
・肌がゴワゴワする
・生理前に特に肌が荒れる
・肌がいつもムズムズかゆい
・刺激で肌が赤くなってしまう

美肌を目指す女性にとって悩ましいトラブルばかりですね。
敏感肌は放置するとどんどんこれらの症状が悪化します。
乾燥肌から敏感肌になってしまうことがあるので、乾燥対策もより重点的に行う必要がある肌質です。

敏感肌の原因って?自分でできるセルフ敏感肌チェック


自分は敏感肌なのかよくわからないという方もいるでしょう。
生活習慣や体質、食べるもの、毎日のスキンケアから敏感肌になっている可能性をチェックすることができます。

今現在敏感肌になっていなくても、当てはまる項目が多ければこれらが原因となって敏感肌になる可能性は高いので注意してください。

<敏感肌チェック項目>
・オイルクレンジングを使っている
・クレンジングに時間をかけてている
・シートタイプのクレンジングをよく使う
・顔を洗う時はゴシゴシと擦る
・睡眠不足気味
・インスタント食品、外食、レトルト食品をよく食べる
・野菜をあまり食べない
・肉をあまり食べない
・ダイエット中で食事制限をしている
・季節の変わり目になると肌がピリピリしたり乾燥する
・肌が乾燥しやすい
・軽い症状でも花粉症やアトピー体質
・乾燥すると皮膚が剥けるというより粉をふいた状態になる
・化粧水を付けるとピリピリと痛む、かゆくなる
・化粧水を付けると火照って赤くなる
・パッティングして化粧水を付けている
・ストレスを感じやすい
・日焼け対策をしていない

当てはまる項目が多ければ多いほど、敏感肌になりやすい状況です。
5つ以上当てはまる人は要注意!
敏感肌になってしまう可能性大です。

敏感肌を改善する方法は?


敏感肌になっていいことは全くありません。
敏感肌にならないように毎日のスキンケアで予防し、すでになってしまっているなら正しいスキンケアと生活習慣や食習慣の見直しで改善を目指しましょう。
「自分は敏感肌だから」と諦めてしまっている人も多いですが、実は改善できる肌質なので努力次第で理想の肌を手に入れられるんですよ。

<クレンジング・洗顔編>
クレンジング剤は汚れ落ちのいいオイルタイプを使っている方が多いですが、オイルクレンジングは肌に刺激が強い上にうるおいも一緒に落としてしまうので、乾燥肌や敏感肌の方にはおすすめできません。

ただ、目元のメイクが濃いとオイルじゃないと落としきれないということもありますよね。
そこでおすすめなのが「2種類使い」のクレンジングです。
目元は洗浄力の強いオイルタイプを使い、それ以外の場所はマイルドなクリームタイプや乳液タイプのクレンジングを使います。

また、シートタイプのクレンジングは洗浄力が強くうるおいも奪ってしまうので、疲れている時でクレンジングが面倒だとしても使わないことをおすすめします。

洗顔では、洗顔料をしっかりと泡立ててきめ細かい泡を作ります。
泡立てネットを使うと楽にきめ細かい泡を作れるのでおすすめです。
指で洗うのではなく、泡で洗うようなイメージで優しく洗っていきましょう。

すすぎは人肌程度のぬるいお湯でよくすすいでください。
すすぎ残しは肌トラブルのもとになるので気を付けましょう。

<スキンケア編>
敏感肌は乾燥肌からなってしまうことが多い肌質で、敏感肌の方は肌が乾燥しがちです。
スキンケアでは保湿タイプの基礎化粧品を使うのがおすすめです。
ヒアルロン酸、セラミド、プラセンタ、コラーゲンなどが配合されている化粧品を選びましょう。
肌にうるおいをしっかり与えるとバリア機能を補って刺激に負けない肌になります。

また、使うタイミングは洗顔後すぐです。
着替えをしたり髪を拭いたり忙しいかもしれませんが、基礎化粧品を洗面台に置いてすぐに保湿できるようにしておくといいでしょう。
できれば洗顔後90秒以内のケアが理想的。
洗顔後は急速に水分が蒸発してしまうので、すばやく保湿するのが大切なんです。

化粧水や美容液で保湿をした後は必ず乳液やクリームを使って、水分の蒸発を防いでください。
乳液、クリームは使わず化粧水だけという人もいますが、これでは保湿をした意味がなくなってしまうので、必ず乳液やクリームで油分のフタをしてあげましょう。
夏などべたつきが気になる時期は乳液のみでもOKですが、乾燥する秋冬は乳液の後にクリームを併用するのがおすすめです。

<食習慣編>
栄養の偏った食事や過度な食事制限は肌の状態を悪くする原因のひとつ。
皮膚の材料、皮膚を強くする栄養や野菜、果物をバランスよく取り入れましょう。
敏感肌の方が意識して摂取したい栄養素はこちらです。

たんぱく質…赤身肉、大豆製品、乳製品、卵、乳製品、魚など
ビタミンB2…レバー、魚卵、卵、魚肉ソーセージ、ブリ、納豆、海藻など
ビタミンB6…ニンニク、赤身魚、レバー、鶏肉、バナナ、とうがらしなど

ダイエット中は肉類や油を食べないようにしがちですが、適度に油分を摂取しないと皮脂が不足して乾燥が悪化し、敏感肌を改善することが難しくなってしまいます。
良質な油分を摂取する意識も持っておきましょう。

野菜や果物は色々な種類を取り入れることが大切です。
たくさん食べるのは難しいという方は、スムージーにしてみてはいかがでしょうか。
野菜や果物のビタミン、ミネラルや食物繊維も美容に欠かせません。
腸内が綺麗になることで免疫機能も高まり、アレルギーを起こしにくい肌質に変えていくことができます。


<生活習慣編>
「好きなことをしたいから」と、睡眠時間を削っている人は多いです。
現代は娯楽が充実しているので寝る時間を削り趣味に充てたいのは分かるのですが、きちんと睡眠不足を解消しないと肌の状態はなかなか改善できません。
最低でも6時間は寝るようにすることをおすすめします。

寝ている間には傷付いた細胞を修復・回復させるホルモンが分泌されます。
寝ている間に荒れた肌を改善するので、睡眠時間が足りていないと治りが遅くなってしまうんです。
また、ストレスを溜めっぱなしにしているとホルモンバランスが崩れることによる肌荒れに繋がるので、ストレスの解消にも取り組みましょう。

ストレスは適度な運動、趣味を楽しむ、半身浴などの方法があります。

まとめ~悪化する前に早めの敏感肌対策を実践しよう~


敏感肌はさまざまな肌トラブルを起こす原因になりやすい肌質です。
まずはセルフ敏感肌チェックを参考に敏感肌の可能性を確認し、改善すべき生活習慣やスキンケア見直しましょう。

エイジングケアをする上でも注意したい肌質なので、この機会にぜひこちらの記事を参考にして改善を目指してみて下さい。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP