デカ顔の原因は「むくみ」かも?!顔のむくみをとって小顔になる方法

  • 公開日:2017/08/13

体はそこまで太っていないのに顔だけパンパンでデカ顔なのがコンプレックス…という方はいませんか?
実はそれ肉や脂肪じゃなくて「水」が原因になっているのかも!
つまり「むくみ」というわけです。

顔のむくみは寝起きに目立ち、鏡で自分を見て朝から憂鬱になってしまいますよね。
放っておくとたるみやシワなどのエイジングサインのもとにもなります。

一日中むくみ知らずでスッキリ過ごしたい!朝をスッキリ迎えたい!顔のむくみをとにかくなんとかしたい!というあなたに役立つ、むくみの原因と改善方法をご紹介します。

気が付いていないだけかも?顔のむくみの特徴


顔の大きさで悩んでいる方、実はそれは「むくみ」が原因になっているのかも。

顔のむくみの特徴
・フェイスラインがぼやけているような、はっきりしていない感じ
・太っていないのに顔だけパンパンで大きい
・まぶたが腫れぼったい
・たるみが気になる
・寝起きは目が小さい
・おでこを指で押さえると跡がしばらく付く

<こんな方は要注意!>
・味付けの濃い食事が好み
・甘い物が大好き
・冷たい食べ物が好き
・睡眠不足
・ストレスが溜まっている
・運動不足
・デスクワーク、立ち仕事
・日常的に晩酌をしている
・体が冷えやすい
・姿勢癖がある

顔のむくみの原因と対策・改善方法


顔のむくみの原因はさまざまです。
多くは生活習慣によってひき起こり、それぞれ対策・改善方法も異なります。
思い当たることがあれあ、まずは対策方法を実践してみましょう。

①塩分、糖分の摂り過ぎ
味付けの濃い食事ばかりを食べて塩分をたくさん摂取すると、体の中で塩分の濃度が濃くなり過ぎないように水分が保持されます。
水分が溜め込まれるのでパンパンにむくんでしまうのです。

塩分の方が水分を溜め込むイメージが強くしょっぱい食べ物に気を付けている方もいるかと思いますが、実は糖分の方が水分を溜め込む力が強いのでお菓子やスイーツをよく食べている方は要注意。
しょっぱいものは気を付けているから大丈夫、と思っていてもその分甘い物を食べていたら意味はありません。

【対策・改善方法】
塩分や糖分控えめの食事を心がけることが最も重要です。
現代の食事は自炊でもしない限りほどんとにたくさんの塩や砂糖が使われています。
ですが、健康志向が強まっているので飲食店のメニューに塩分量が記載されていることも増えてきました。
できるだけ塩分の少ないものを注文しましょう。

また、摂取しすぎた塩分の排出を助ける「カリウム」という栄養素を取り入れるのもオススメです。
カリウムを豊富に含むのはアボカド、ほうれん草、きゅうり、エリンギ、納豆、明日葉、タコ、するめ、貝類、海藻類、ビーフジャーキー、ささみ、ピスタチオ、山芋などです。

②お酒の飲み過ぎ
お酒を適度に少量飲むくらいなら翌日に顔がパンパンになるほどむくむことはないでしょう。
お酒には利尿作用がありますが、飲み過ぎると逆に体に水分を溜め込む性質があるためむくんでしまうのです。

日ごろから水分の摂取を心がけている方がお酒を飲み過ぎると、もともとある水分が排出されず体に残りむくみやすくなります。
友人、同僚、家族とお酒を飲むのは楽しくつい飲み過ぎてしまいがちですが、健康と美容のためにはほどほどにしておきましょう。

【対策・改善方法】
お酒の適量を守り、節度を持って飲みましょう。
時々ハメを外してしまうのは仕方ないですが、常に適量を心がけることは忘れないでくださいね。
<1日のアルコール摂取量目安>
・ビール…500ml
・焼酎…1合未満
・日本酒…1合
・ワイン…ワイングラス2杯分
・ウィスキー…ダブル1杯分
・チューハイ…500mlと少し

③運動不足
移動は常に車や電車で自分の足を使って動くことがあまりない方、デスクワークなど座り仕事をしていて尚且つ運動する習慣がない方は筋肉量が落ちて代謝機能が低下します。
筋肉や代謝が落ちると血行不良になり、リンパの流れが滞ってしまいます
体の余分な水分や老廃物の排出がうまく行われないので、むくみに繋がってしまうのです。

【対策・改善方法】
一駅分は歩く、なるべく階段を使うなど、運動の時間を作ってまで体を動かすことができない方はこうして歩く距離を少し増やすだけで構いません。
時間を作れる方はウォーキング、ジョギング、筋トレなどに挑戦してみてください。

④生理前
生理前はホルモンバランスががらっと変わる時期です。
体が妊娠に備えて脂肪や水分を溜め込んでしまうため、気を付けていてもどうしてもむくんでしまいます。
生理前に一時的にむくんでしまうのは仕方ないことですが、この時期に塩分や糖分を摂り過ぎていたりお酒を飲み過ぎると普段よりも余計むくみが酷くなってしまうので注意しましょう。

【対策・改善方法】
生理前は特に味付けの濃い食事に気を付け、飲酒は控えてむくみが悪化しないようにしましょう。
生理前のむくみは妊娠に備え体を守るための機能。
完璧に防ぐことは難しいです。
この時期は仕方ないと割り切って悪化しないように努めてください。

<簡単!リンパマッサージ>
簡単にできるマッサージでむくみをスッキリ解消しましょう。
耳の下、首筋、鎖骨の下にはリンパ節があります。
この3点をさするようにマッサージするとリンパの流れがスムーズになり、むくみが解消されます。

まとめ~むくみの原因をつきとめて生活習慣を見直そう~


顔のむくみのない状態で1日の始まりをスタートできたら気持ちいいでしょうね。
すっきりとしたシャープな顔は若々しさと元気を感じられます。
エイジングケアの一環としてむくみ対策もぜひ、始めてみてはいかがでしょうか。
簡単にできる対策ばかりを紹介したので今すぐからでもできますよ!

生活習慣の改善でも変化が見られなかった場合は、むくみに効果的な美顔ローラー美顔器の使用もおすすめです。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP