美容治療でシミを消す!治療法の種類・効果・費用とは

  • 公開日:2017/06/29 最終更新日:2017/07/27

鏡を見て増えてきた「シミ」に悲しくなることってありますよね。
年齢を重ねるとシミはできやすくなり、増えてきてしまうもの。
「歳だから仕方ない」という点は多少あるものの、シミひとつあるだけで老けた印象になってしまいますから効果的に予防と改善をしたいですよね。

予防や改善のために化粧品を使って対策している方も多いと思いますが、今あるシミを短期間で完全になくすのはとても難しいです。
そこでおすすめしたいのが美容治療
シミにピンポイントで効果を発揮するので、今すぐに改善したいシミがある方は美容治療を検討してみてはいかがでしょう。
美容治療といってもさまざまな種類があり、それぞれ費用も異なります。
今回はシミに効果的な美容治療について詳しく紹介します。

美容治療のメリット


化粧品を使ってシミの改善を目指しても、即効性を期待するのは難しいでしょう。
もちろんシミ用のスキンケアコスメを使うことで、シミができにくい肌を作ったり今あるシミを薄くしたりする効果が望めますが、長期間使い続けなければなりません。
美容治療では気になるシミにピンポイントで効き目を発揮させることができ、しかもそのほかのエイジングサインにも効果があるのですぐに肌の悩みを解消したい方にぴったりです。

<美容治療のメリット>
・気になるシミにピンポイントで効果を発揮する
・化粧品で美白を目指すより遥かに早く効果がある
・シミ以外のエイジングサインも治療できる
・薬を処方してもらえば自宅で手軽に治療レベルのケアができる
・一度の治療でシミを消すこともできる


シミに効果的な美容治療の種類と費用


今人気のシミに効果的な美容治療法を紹介します。
記載している費用はあくまで目安です。
クリニックによって異なるので参考程度に見て、カウンセリングなどでしっかり確認してください。

◆フォトフェイシャル
1回あたりの治療費は10,000円~15,000円前後となっています。
料金は顔全体に行う場合と、両頬のみの場合では異なるので施術前に確認してください。

フォトフェイシャルは周波数の異なるさまざまな光を照射する治療法です。
通常レーザー治療では施術後にダウンタイムをとり肌を休ませる必要がありますが、フォトフェイシャルは肌にかかる負担が少ないので肌に優しい施術と言えます。
ダウンタイムとはレーザーを照射した部分を回復するまで休ませるということです。

肌に優しい治療法なので施術中もレーザー治療ほどの痛みはなく、痛みに弱い方も安心して受けられるでしょう。
そばかすやシミを効果的に肌に優しく治療したい方におすすめです。
ただし、アトピー性皮膚炎の方や妊娠中の方は受けられません。

◆YAGレーザー
高額な治療費がかかります。
1cm四方程度の大きさのシミ1つに約3万円ほどかかることが多いようです。
老化によりできるシミやそばかすを消す効果が高い治療法で、浅い箇所にあるシミにも深い箇所にあるシミにもアプローチし、しっかり破壊してシミを消します。

基本的に治療は一度で済みますが、施術後の患部に絆創膏を貼っておかなければならないので1週間程度は絆創膏が目立つ生活を強いられます。
接客の仕事をしている方だと長期休みを貰わなければその点が気になるかもしれません。
施術中の痛みは弾かれるような少し痛いと感じる刺激があります。

◆IPL治療
顔全体で3万円ほどかかります。
何度か治療に通う必要があるので全部で10万円前後かかるでしょう。

「エイジングサインが最近気になるようになってきた」という肌の老化が初期段階の方におすすめの治療法です。
照射するとコラーゲンの生成が活発になり、肌を丈夫にして肌荒れしにくい状態にしたり、シミ・くすみ・そばかす・ニキビなど気になるエイジングサインを総合的に治療します。

効果がさまざまあるのでそれぞれに対する効果が弱いのでは、と心配になりますが特に欲しい効果に特化できるよう光の波長を変えることで可能にしています。
IPLの光はメラニンなどトラブルを起こしている箇所にしか反応しないので正常な部分に負担をかける心配はなく、初心者も挑戦しやすい治療です。

◆塗り薬での治療
美容皮膚科やクリニックではシミの治療にトレチノインハイドロキノンを処方してもらえます。
レーザー治療は何となく怖い、不安、薬で徐々に治していきたいという方は塗り薬がおすすめです。
トレチノインはターンオーバーを促して今あるシミを徐々に消していく効果があり、ハイドロキノンはシミのもとであるメラニンが作られるのを抑える効果があります。

塗り薬の治療では大体前半1か月半、後半1か月半に分けます。
前半では患部の漂白、後半は患部を休ませる期間です。
効果が現れるまでには3か月ほどかかり、程度によってはもっと長引くこともあるので気長に治療する必要があります。

これらの塗り薬は保険適用外で、1か月あたりの薬にかかる費用は5,000円前後~1万円ほどになります。
安いところでは1,000円程度で処方してくれる所もあるようです。

※塗り薬を塗った箇所が赤くなるなどの副作用もまれにあります。
肌に合わなかった場合は必ずお医者さんに相談をし、別の治療法に切り替えてください。

まとめ~ピンポイントで確実に効果を得たいなら美容治療がおすすめ~


エイジングケアに役立つ治療法はいろいろな種類があります。
日ごろから化粧品を使って美容面に気を付けるのも大切なことですが、今すぐに気になる悩みを改善したい、もっと短い期間で効果を出したいという方は美容治療がおすすめです。
美容を目的とした治療は基本的に保険適用外となり高額治療費がかかる場合もありますが、治療法によっては比較的安い方法もあります。
効果や予算をあわせて相談し、最適な治療法を選び肌の悩みを解消していきましょう。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP