美人が赤ワインを飲む理由|ポリフェノールは美肌にうれしい効能がいっぱい

  • 公開日:2017/05/11 最終更新日:2017/05/12

赤ワインは誰もが知っているブドウから作られたお酒のこと。
美容にいいという話は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

赤ワインにはご存じの通り「ポリフェノール」が豊富に含まれています。
エイジングケアに有効な成分で、若返り効果が欲しい方や美肌効果を求める方におすすめ。

赤ワインの驚くべき効果を改めて紹介するとともに、適切な摂取量やおすすめの飲み方を紹介します。
お酒好きの方には嬉しい情報いっぱいです。

赤ワインに含まれるポリフェノールの美容効果


赤ワインの特徴といえば「ポリフェノール」が豊富なことです!

<ポリフェノールの美容効果>
◆肌の老化を招く「活性酸素」を除去する
活性酸素は普段、呼吸しているだけでも発生するものですが、ストレスや喫煙、紫外線などによって大量に増えてしまいます。
適度な量であれば体を刺激から守る役割をしてくれる半面、多すぎると肌細胞にダメージを与えてシミ・肌荒れ・ニキビの原因になるのです。
肌の老化を食い止め、若さの維持をするにはポリフェノールを積極的にとりたいですね。

◆コレステロール値を下げる効果で血液がサラサラ
血液がサラサラになり血行が良くなると冷え性やむくみ、肌のくすみ改善にも繋がっていきます。
コレステロール値が下がるということは動脈硬化など危険な病気の予防にも。
肌年齢が気になる方は生活習慣病の予防にも力を入れていきましょう。

◆肌の美しさに欠かせないターンオーバーを促進させる「レスベラトロール」
ポリフェノールの一種であるレスベラトロール。
細胞の分裂を促す働きがあり、どんどん新しい細胞が生まれるのでターンオーバーがスムーズに行われ、角質の蓄積を予防。
角質がスムーズに排出されると吹き出物、くすみ、毛穴詰まりを予防・改善できます。
肌の生まれ変わりがスムーズになるので気になるシミを徐々に消していく効果に期待でき、年齢サインが目立つ肌を若返らせてくれますよ。

◆ブルーベリーにも含まれることでよく知られている「アントシアニン」
アントシアニンもポリフェノールの一種です。
よく知られている通り疲れ目やかすみ目の改善に良いのはもちろんですが、血行促進作用があるので肌に美肌成分がしっかり行き届き、ハリと潤いをアップさせてくれます。
気になる目の症状に良いのも血行が良くなるからなんです。

◆整腸作用
腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善することで便秘解消や便臭、おなら臭の軽減に効果的。
腸内環境の悪さは美容の大敵ですから、それが改善できるというのはとても大きなことですね。

◆ダイエットのサポート
タンニンというポリフェノールの一種が含まれ、脂質の分解をして蓄積しにくくします。
タンニンは緑茶などお茶にも含まれますが、赤ワインには緑茶の約4倍含まれるのでダイエットにより期待できるでしょう。
烏龍茶を飲むと太りにくいと言われるのもタンニンが含まれているからです。
ワインを美味しく飲んでダイエットもできるなんて嬉しいですね。

どれくらい飲めばいいの?赤ワインの摂取量

厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」では、「節度ある適度な飲酒」としては1日平均純アルコールで約20g程度であるとされています。

ワインの換算目安としては、1杯120mlでアルコール度数が12%の場合12gの純アルコール量です。
つまり健康的にワインを摂取するのであれば、ワイングラス1杯程度が良いと言えるでしょう。

赤ワインは当然お酒ですから、体質に合う合わないもあります。
ワインのアルコール度数は14度くらいありますから、お酒を普段あまり飲まない人なら1杯でも少し酔いを感じるのではないでしょうか。
自分が飲み切れる量に合わせて1~2杯の間で楽しんでください。

ただし、薬を服用している方、妊娠中、授乳中の方は飲まないようにしましょう。

おすすめの赤ワインの飲み方


赤ワインは渋みがありアルコール度数もそこそこあるので、好き嫌いもはっきりしているお酒ではないでしょうか。
そこでおすすめしたいのは、ぐっと飲みやすくなる「ホットワイン」です。

ワイングラス1杯分の赤ワインをレンジで1分~1分半加熱するだけで作れます。
1分半以上温めると熱くなりすぎるので注意してくださいね。
赤ワインを温めることでアルコールが少し蒸発し、飲みやすい口当たりになります。
さらにここにシナモンやはちみつなどお好みのスパイスやフルーツを加えれば、美肌・エイジングケア・冷え性・むくみに良いおいしいドリンクの出来上がりです。

また、最近はワインをつかったカクテル「サングリア」が人気ですよね。
自宅で簡単に作れるので挑戦してみましょう!

煮沸消毒した瓶にお好みの適当にカットしたフルーツと赤ワインを入れて半日~1日漬けるだけです。
フルーツは皮を剥いても良いですし、剥かずに入れてもOK。
皮表面のワックスや農薬が気になる場合、塩でゴシゴシと擦って洗うと綺麗になりますよ。
柑橘類は皮を剥かない方が香りが引き立つので剥かずに入れるのがおすすめです。

<おすすめのコスパ最強ワイン>
ワインは安価な物から高価な物まであります。
ただ、安い物はあまりおいしくなかったりするんですよね。
そこでコスパが良く美味しいワインの紹介です。
マツコデラックスさんも番組で絶賛していたセブンイレブンの「ヨセミテ・ロード」
安い割にかなり美味しい!と評判で人気があるんですよ。
価格は615円とお手頃です。
美容や健康の為に継続して飲むならコスパの良い物を選びたいですから、このお値段なら大助かりですよね。

まとめ~お酒を飲むなら赤ワインを選ぼう~


赤ワインの豊富なポリフェノールは美容に嬉しい効果がたくさんありました。
白ワインよりは少し飲みにくさがありますが、サングリアやホットワインにするとまるでジュースのように飲みやすくなるので試してみてくださいね。
もちろん飲みやすいからといって飲み過ぎには注意!
適正な摂取量を守って、健康的に赤ワインを楽しみましょう。

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP