食べるだけで若返る!玄米の持つアンチエイジングパワーとは?

  • 公開日:2016/04/25 最終更新日:2016/12/27

玄米が体にいいというのは知られていますが、アンチエイジングにも効果があるとは知っていましたか?

体に良いからとなんとなく食べていたという人もいるでしょう。
玄米はアンチエイジングパワーを多く含んだ食材です。

なぜエイジングケアに効果的なのかを調べてみました。

なぜ玄米が体にいいの?

BE-1_R

玄米とは、稲の果実である籾(もみ)から籾殻を取り除いた状態のものをいい、精米する前のお米の事です。
周りを糖に覆われているため白くはなく茶色い色をしているのが特徴です。

玄米は白米を覆っている「ぬか」「胚芽」の部分に多くの栄養素が含まれているため白米より栄養があるのです。

玄米には、

・食物繊維が豊富なので便秘解消、胃や腸の中の水分を吸収して膨らむので満腹感がある。
・ビタミンB1、B2が豊富で糖質や脂質の代謝を助けてくれる。
・GI値が低く、GI値が低いほど血糖値の上昇が緩やかで脂肪が体につきにくくなる。
・体内の余分な塩分を排出する働きがあるカリウムを含んでいてむくみ解消も期待できる。
きれいな髪や肌を作るには欠かせないタンパク質を含んでいる。

などの栄養があります。

ダイエットやデトックスのために玄米を食べている人も多くいます。

ダイエットやデトックスにも効果的な玄米の美容効果とは

BE-2_R

ダイエットやデトックスの他にも、
〇美肌効果
皮脂分泌を調節してくれるためニキビの肌トラブルを予防したり、血行、新陳代謝(ターンオーバー)を良くしてむくみやくすみの改善効果があります。

〇アンチエイジング効果
玄米に含まれるビタミンEには強い抗酸化作用があり、シミの原因である活性酸素の働きを抑えてくれます。
より抗酸化作用を高めるには、ビタミンCを一緒に取り入れることで効果が上がるとされています。
そしてビタミンEも含まれ、ビタミンEには血管の健康を保つと同時に血行を良くし、新陳代謝を促進してくれコレステロール値を下げる働きもあるため生活習慣病にもいいとされています。

〇ホルモンバランスの安定
上記でも書いたようにビタミンEが豊富なため女性特有の多くの悩みを軽減する効果を持っています。
そして不妊治療にも効果があり、ホルモンの分泌を正常な状態に導くことができ、生理不順や生理痛、PMS(月経前症候群)、更年期障害などの改善効果が期待できます。

玄米の食べ方に注意点があるって知ってた?

BE-3_R

体にいい栄養がたくさんある玄米ですが、「ぬか」の部分にはフィキン酸という成分があり、この成分は亜鉛、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルの吸収を阻害してしまう働きがあります。

それにより、

・抜け毛が増える
・疲れやすくなる
・皮膚が荒れやすくなる
・貧血になりやすくなる
・虫歯になりやすくなる
・イライラする
・骨密度が下がり骨折しやすくなる
・吐き気やめまいの症状がでる

 

などの症状が起こる場合もあります。

もしこのような症状が出たときは玄米を食べるのをやめるか、一旦休むかしてください。
症状がひどい場合は医療機関を受診してしてください。

そして白米を食べ慣れていると玄米の食感に違和感を感じてしまうこともあります。
玄米は白米より固いためよく噛んで食べなければ消化にも悪くお腹をこわしてしまう恐れもあるので注意しましょう。

初めての方は白米2に対して玄米1の割合で混ぜて炊くようにすれば玄米だけより食べやすくなります。

玄米を炊くときは、半日以上水に浸けてから炊くようにしてください。
水加減も白米だけを炊くときより少し多めに炊くようにすればあまり違和感なく食べることができるでしょう。

まとめ~玄米と上手に付き合ってアンチエイジングを目指そう!~

BE-4_R

美しさにとって大事なのは「食」であると思います。
口から取る栄養素によって美しさも変わってくるので食事は大事なものです。

いろいろな効果が期待できる玄米ですが、玄米を食べれば即効果がでるという訳ではありません。
毎日の積み重ねが大事になってきます。

そして一気に玄米に変えるのではなく、少しずつ量を増やしていくようにすれば食べにくさを感じることなく取ることができるでしょう。
毎日の食事に玄米を少しずつからでも取り入れていけばいいと思います。

食生活に玄米を取り入れ若さを取り戻しませんか?

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP