生理前ニキビの原因って?予防対策のために生理2週間前から気をつけたいこと

  • 公開日:2017/12/15 最終更新日:2017/12/25

生理の予定日が近づくにつれて、どんどん悪くなってくるのが肌状態。
いつもと同じケアをしているつもりなのに、肌がくすんで見えるとか脂っぽく感じるなど、ベストコンディションとは言えない状態に悩みを抱えている人も多いですよね。

この生理前の肌トラブル、代表的なのものが大人ニキビです。
実は、生理前に大人ニキビができる原因には女性ホルモンが大きく関係しており、毎日の習慣に気を付ければ十分に予防することができるんです。
ここでは、生理前の肌コンディションについての基礎知識や生理前ニキビの予防法について詳しく解説していきましょう。

生理前に大人ニキビができる理由


生理前に大人ニキビができてしまうのは、どうしてなのでしょうか。
それは、私たちの体の仕組み生活習慣などさまざまな原因がありました。

◆最も大きな原因は女性ホルモンの変化
大人ニキビができる最も大きな要因は女性ホルモンの変化によるものです。
女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、時期によってそれぞれの分泌量が変わります。

月経がはじまると分泌が多くなるのが、エストロゲンです。
この女性ホルモンには丸みを帯びた体つきを作ることや、肌や髪の毛をきれいにするなど女性を美しくするさまざまな作用があります。
2週間後にくる排卵日に向けて、より女性らしいカラダをプロデュースしてくれるのがエストロゲンの働きです。

排卵日を迎えると分泌が多くなるのがプロゲステロンです。
基礎体温を上げて受精卵が着床しやすい環境を作ることや、子宮内で受精卵が育つのをサポートし妊娠を継続する働きがありますが、美容の面ではむくみやすく皮脂の分泌が多くなるのであまりいいことはありません。
また、気分が憂鬱になる・苛立ちを感じるなどが増えるのでストレスがお肌に悪影響を与えます。
排卵日を過ぎてから生理を迎えるまでの2週間、肌状態は決して「良い」とは言えません。
だから、大人ニキビができてしまうのです。

◆年を重ねることも一因
私たちの肌は大きく分けて表皮と真皮の2層に分かれますが、毎日新たな細胞が生まれ肌の表面に押し上げられた古い細胞がはがれることで、生まれ変わりを繰り返しています。
この一連の流れをターンオーバーと言い、正常なサイクルは約28日間です。

年を重ねると自然と代謝が落ちてくるためターンオーバーのサイクルが長期化し、30代では約40日、40代では50日以上となり、肌に古い角質が留まる期間が長くなります。
いつまでも古い角質が毛穴をふさいでいると、分泌された皮脂はうまく排出されず大人ニキビ吹き出物として肌トラブルになるのです。

思春期の頃のニキビは肌質が影響しますが、大人ニキビは特に脂性肌ではなくてもできてしまうのが特徴で、生理前に肌のコンディションが悪くなることでこのトラブルが表れやすくなります。
また、コラーゲンやヒアルロン酸が減ることで潤い不足となり、それを補うために皮脂が過剰に分泌されることも大人ニキビの原因となります。
このように、さまざまなエイジング現象が大人ニキビを作る原因となっている場合もあるのです。

◆生活習慣の乱れは大人ニキビのもと
大人ニキビに悩んでいる多くは20代から40代くらいの方です。
この年代の女性は家事や育児、仕事と毎日がフル回転状態。
どれも手を抜くことができないことばかりなので、ついつい自分のことがおろそかになってしまい生活習慣が乱れやすくなります。

肌にとって大切なことは良質の睡眠をたっぷりとることですが、睡眠不足は体内時計をつかさどる自律神経の乱れを招きます。
寝不足状態は心身の緊張状態を保つ交感神経の働きを活発にしますが、交感神経には男性ホルモンの分泌を活性化する働きがあるので、肌が脂っぽくなり、毛穴が詰まりやすくなるのです。

また、食生活も肌状態に大きな影響を与えます。
ファーストフードやお菓子など添加物の多いものや肉ばかりの脂っこい食事を続けることは皮脂の分泌を促し、血液の流れを滞らせることで肌への栄養がいきわたりにくくなるのです。
炭水化物中心の食生活やスイーツなどで糖分を摂りすぎるのもよくありません。
その分解に大量のビタミンBが使われますが、ビタミンBは美肌に欠かせない栄養素。
肌のハリや滑らかさを保ち肌代謝を正常に保つ働きがあるため、これが不足すると大人ニキビや吹き出物などのトラブルが起こりやすくなります。
特に、生理前には食欲が増し甘くて脂っぽいものが食べたくなる傾向にあるので、気を付けなくてはいけません。

生理前の大人ニキビ予防法とは


生理前の大人ニキビを予防するためには、まず生活習慣を規則正しいものにすることが大切です。
睡眠時間をたっぷりとりストレスをためない生活を心掛けることで自律神経の働きが整い、自然と女性ホルモンのバランスも安定してトラブルを起こしにくい肌に。

食生活にも気を配り、バランスの良い食事を心掛けましょう。
特に排卵日以降は脂ものや甘いものを極力避け、和食などのあっさりとした食事を摂るようにしましょう。
ただし、好きな食べ物を我慢してばかりいるとそれがかえってストレスになるので、ほどほどに気を付ける程度で大丈夫ですよ。

また毎回生理前にだけニキビを繰り返すという方は、肌が敏感になっている生理前に普段使っている化粧品が刺激となっていることが原因の可能性も。
生理前2週間はニキビ肌用のクレンジング洗顔料基礎化粧品にシフトしてあげると効果的です。
これらはニキビができにくい成分でできているから安心。
この期間はとにかく刺激を与えずしっかり保湿ケアしてあげることが大切です。
生理を越えたら肌も元気な状態に戻るので、いつも使っている基礎化粧品や高機能化粧品、スペシャルケアなどで肌を格上げしてあげましょう。



まとめ~生活習慣を整えて生理前もゆらがない肌に~


生理前に大人ニキビができてしまう最も大きな原因は、女性ホルモンの働きによるもの。
しかし、女性である以上、このホルモンとは長く上手に付き合っていかなくてはいけませんよね。
ですから、生理前の大人ニキビを予防するためには生活習慣や食生活に気を配ることを心掛けましょう。

早寝早起きをして、バランスのとれた食事をし、ストレスをためないように発散する方法を見つけることは美しい肌を手に入れるために大切なことです。
肌のきれいさだけでなく、女性としての美しさを手に入れるためにも規則正しい生活習慣は大切にしてくださいね。

【あわせて読みたい記事】



関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP