口内を健康に保つことが身体の健康に繋がる?!オーラルエイジングで若々しくいられる理由

  • 公開日:2016/09/07 最終更新日:2017/03/01

口と身体の健康が深く関わっているとご存じですか?

食べたり、話したり毎日の過ごす上で欠かせない口の健康。
口臭や虫歯が気になる人は多いと思いますが、口の健康が体に与える影響をしればもっと口に中の健康を見直さなければいけないと思うはず…

口内を健康に保つことで、身体の健康と老化防止に繋がります。
今回は口と身体の繋がりと、オーラルエイジングについて紹介していきます。

オーラルエイジングとは?

オーラルエイジングとは、口を健康に保つことで全身の若さを保つというものです。
口を健全にすることで老化を防ぐ効果があると証明されました。

歯周病があると動脈硬化を促進させたり、糖尿病を悪化させたりなどの影響があり、口腔と全身とは関連性があると言われています。
歯周病を治すと狭かった血管が広がり身体の調子が良くなったなど、さまざまな影響が示されているのです。

参考:歯周病は口の中だけの軽い病気じゃない!全身疾患を引き起こす前にできる予防と対策

オーラルエイジングをするにはいろいろな方法がある!

最近では歯科医院でオーラルエイジングを行っているところが多くあります。
それぞれの医院でオーラルエイジングの方法は違いますが、一例を挙げてみます。

・健康の維持
プラークや歯石を排除し、歯周病などを予防します。

・機能の調和
噛み合わせの調和をとって噛む、話す、飲み込むなどの機能を改善する方法で、調和の取れた噛み合わせは脳の機能を活性化し免疫力を高めます。
噛む、話す、飲み込むを改善することで認知症の予防にもなります。

・サプリメントの摂取
疲れがたまったとき、体調が優れないときに歯茎が腫れたり痛んだりすることはありませんか?
身体の調子によって口に中の健康は左右されやすくなっていて、栄養が不足していると体調も悪くなり口の中にも影響してきます。
体調と口の中は関係性があり身体の健康を維持すれば口の中の健康も保たれるため、不足している栄養素をサプリメントで補い健康維持の手助けとして摂取する方法です。

・正しい歯磨き、ブラッシング
基本中の基本である歯磨きの仕方を見直す方法。
歯磨き粉はエナメル質を酸から守ってくれるものを選ぶようにしましょう。

・唾液の分泌を保つ
加齢と共に唾液も減ってきます。
唾液は殺菌作用があり口の中の汚れを落としてくれたり細菌の増殖を抑える働きがあるので、ゆっくり食べ物を食べたり、水分補給をこまめに取る、ガムを噛むなど唾液の分泌を促します。

・デンタルフロス
歯磨きだけでは落ちない、取りきれない歯垢(プラーク)をデンタルフロスで取り除きます。

オーラルエイジングをすると全身を美しく保てるって本当!?

上記でも書いたように口の中の健康と体の健康は深く関係しています

口内の病気として一番メジャーと言えるのが歯周病ですが、驚くことに成人の80%が歯周病にかかっているとされているのです。
歯周病は糖尿病やリウマチ、心臓病を始めとする呼吸器疾患と密接な関係があり、歯周病菌を飲み込むと腸内細菌が変化してさまざまな臓器に炎症を起こすとが研究で明らかになりました。

歯周病菌は血液を通してさまざまな臓器に広がってしまうのです。
歯周病が原因で様々な病気を引き起こしてしまうため歯周病はほおっておけないということ。

歯周病を治すことで病気になるのを食い止めることに繋がり、身体の健康を守ることができるのです。

また、噛み合わせが悪いまま放置しておくと、体の筋肉にも影響し全身の歪みにも繋がります。
美しいボディラインを保つには、口内環境を整えることが大切ということです。

まとめ~毎日のオーラルエイジングで歯も身体も美しくなろう!~

歯が健康でキレイなことが、こんなにも身体の健康に繋がるとは驚きですね。
健康なだけでなく、笑ったときに見える歯がきれいだと好印象に感じます。
歯が与える印象は大きいのです。

毎日の歯磨きの時間を少し長く取って、意識して歯を磨くようにするだけでも歯周病予防に繋がります。
5年後、10年後もきれいな歯で、健康な体でいられるようにオーラルエイジングを始めてみませんか。

ecalic021_013 歯科医院で行うエイジングケアについて詳しくはこちら>>審美歯科でエイジングケア?美しい歯は若い印象を与える

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP