シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いとは?美髪のためのシャンプーの選び方

  • 公開日:2017/04/24 最終更新日:2017/11/20

普段、何気なく使っている使っているシャンプーが「シリコンシャンプー」「ノンシリコンシャンプー」かご存知ですか?
「ノンシリコン」という言葉も、近年テレビCMなどで多く聞きますよね。
なんとなくノンシリコンだから髪に優しいと思っている方も多いのでは。

実は「シリコンシャンプー」も「ノンシリコンシャンプー」にもそれぞれメリットデメリットがあります。
髪質に合うか合わないかで決めるべきなのです。

美髪のためにあなたが選ぶべきシャンプーはどちらなのか違い選び方を紹介します。

そもそもシリコンって?体に悪影響はないの?


シリコンにあまりいいイメージを持たれていない方が多いですが、シリコンはケイ素を化学的に処置した合成樹脂のことで、体に悪影響を及ぼす心配がない成分と言われています。
医薬品にも使われるほどなのです。

シャンプーに含まれるシリコンは髪をコーティングして指通りを滑らかにするためで、美しくつややかな髪に仕上げてくれます。
髪がつやつや、さらさらになるのに何故か「シリコンは悪」という噂が流れているのです。

近年、自然派アイテムやスカルプケアが注目されていて、毛穴をすっきりさせることが頭皮や髪の美容にいいとされているのもシリコンが懸念されている理由の1つでしょう。
シリコンは化学成分なので頭皮に悪い!という考えが一人歩きしてしまったのです。

しかし、シリコンは頭皮に悪影響は与えないとさまざまな大手企業が独自に実験や研究をして証明しています。
結果シリコンは悪ではないと伝わってきてはいるものの、未だにシリコンは良くないというイメージが拭い切れていないのが現状です。

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いとは?


シャンプーにはシリコンが入っているものと入っていないものがあります。
その名の通り、シリコンが含まれているシャンプーがシリコンシャンプー、含まれていないものがノンシリコンシャンプーです。
髪質や好みの仕上がりによって使うべきシャンプーは変わってくるので、それぞれの特徴やメリットデメリットを分かりやすく解説します。

◆シリコンシャンプー

一般的に販売されている多くのシャンプーはシリコンシャンプーです。
シリコンは髪をコーティングし、サラサラの手触りにして指通りを良くする効果があります。
サラサラになるので髪同士の摩擦による傷みや絡みを防止。

<メリット>
・髪が長くても絡みにくい(髪の絡みを予防)
・太く広がりやすい髪を抑える
・サラサラの手触りになる
・髪にツヤが出る
・シリコンが髪を保護する(ヘアアイロン、コテなどから)

<デメリット>
・シリコンに保護されているので髪が染まりにくい
・化学的な成分なので人によって肌荒れする

シリコンシャンプーは「毛穴にシリコンが詰まるので良くない」と言われますが、それは間違いであることがわかっています。
髪を洗っている最中に毛穴にシリコンが入りこむことはあるものの、すすぎでシリコンは落ち毛穴に蓄積することはほとんどないのだとか。
シリコンシャンプーだから頭皮環境が悪くなる、髪の毛が細くなるということには繋がりにくいので安心してください。

◆ノンシリコンシャンプー

化学成分のシリコンが入っていないので、自然な状態の髪に洗い上げることができます。
自然派にこだわる方や肌が敏感な方に向いているでしょう

<メリット>
・ナチュラルな洗い上がりで自然な髪になる
・さっぱりとする
・細い猫っ毛でもふんわりとする
・コーティングしないので髪が染まりやすい

<デメリット>
・髪を保護しないので外部からの刺激に弱い
・ごわごわ感を感じることも
・洗い終わった後のギシギシ感
・普通~太い髪だと髪が絡まりやすくなる、広がる

美髪を目指したい!どんなシャンプーを選ぶべき?


髪の美しい人はとても素敵ですよね。
美髪を目指すならシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーのどちらがいいのでしょうか。

それは上記の特徴を把握して、自分の髪質に合わせて使い分けることが大事といえます。

<シリコンシャンプーがおすすめの人、時期>
・髪が普通~太く、広がりやすいタイプ
・アイロン、ドライヤー、コテを多用する
・乾燥してパサパサ
・ツヤがない
・乾燥した冬場

<ノンシリコンシャンプーがおすすめの人、時期>
・髪が細い
・髪がぺったりとしやすい
・潤いが十分にある
・頭皮がべたつく
・さっぱり爽快感が欲しい夏

自身の髪質や頭皮の状態、季節によってシリコンシャンプーやノンシリコンシャンプーを使い分けるといいでしょう。
ノンシリコンシャンプーは使い慣れていないとキシキシ感が気になるかもしれません。
コーティングをしないので「裸の髪」になる訳ですから、人工的なサラサラな手触りは出ないのは当然。

最初はキシキシ感が気になりますが、徐々に自然なハリやツヤが生まれるので辛抱しましょう。
ノンシリコンシャンプーはセットでコンディショナー、リンスも販売されています。
セットで使って様子をみてみてもいいですね。

<エイジングケアに最適なシャンプーは?>

年をとると髪が細くパサパサになるもの。
そんな老化した髪のケアには「アミノ酸系」のシャンプーがおすすめです。
髪の毛はアミノ酸から構成されているので、同じアミノ酸の洗浄成分は髪に負担をかけず、しなやかにする働きがあると考えられています。
年を重ねた髪の毛は髪に潤いや油分を補うことが大切。
それを可能にしているのがアミノ酸系のシャンプーなのです。

エイジングケアにおすすめのシャンプーの多くはノンシリコンシャンプーです。
シリコンでコーティングされると髪に必要な成分が浸透しにくくなるため、ノンシリコン処方になっています。

まとめ~髪質に合わせてシリコン・ノンシリコンシャンプーを選ぼう~


シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは分かりましたか?
髪質や季節に合うシャンプーを使うことで、仕上がりに大きな違いがでてくるでしょう。
髪は人の印象にも大いに関わってきます。
美髪を手に入れて、いつまでも若々しい印象をキープしましょう。
手入れ不足の髪のケア、年齢トラブルの目立つ髪のエイジングケアにもぜひ最適なシャンプーを選んでください。
【あわせて読みたい記事】
ecalic021_013 美髪のための失敗しないドライヤーの選び方!おすすめのドライヤーはコレ
ecalic021_013 髪のエイジングケア*におすすめ!アミノ酸シャンプー人気ランキング

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP