美髪成分たっぷりの椿油が髪や頭皮をどこまでアンチエイジングできるのか?

  • 公開日:2015/11/27 最終更新日:2017/09/20

「髪には椿油がいい」とよく聞きますが、実際の効果はどうなのでしょうか?
最近はさまざまな美容オイルが出回り、オイル美容も身近なものになっています。
そんな中でも髪や頭皮のアンチエイジングに特に効果的といわれているのが「椿油(ツバキオイル)」
古くから美髪のために使われつづけている椿油の実力を紹介します。

日本では昔から使われてきた椿油の特徴

椿油はツバキの種子から採取される植物オイルのことで、世界三大オイルの1つと認められています。
産地は、国内では伊豆大島の大島、利島、長崎、新潟などが有名です。

椿油は平安時代にはすでに日本人に使われている伝統のオイル。
日本人は黒髪をキレイに保つために使用していたそうです。

今ではほとんどありませんが、昔の日本では至るところに椿油の製油所があり「油屋」と言われていて、みんなが買いに来ていたのです。
椿油には粘性があり独特の香りを持ち、保湿性に優れしっとりとしているのが特徴です。

オレイン酸の含有量が85%もあり、植物の中では最も多い含有量になっています。
リトール酸が少なくビタミンEも含まれているため酸化しにくいのも特徴です。

そして紫外線を通さないという性質があり、肌も髪も紫外線のダメージから守ってくれます。

髪にいいオイルと言えば椿油!どんな効果があるの?

椿油には上記でも書いたように、髪や肌にいいとされているオレイン酸が約85%も含まれています。
人間の肌の主成分の40%がオレイン酸といわれているので、どれだけ椿油がすごいものかが分かりますね。

酸化・変質しにくい天然成分「椿油」は頭皮に栄養を与え、髪を優しく保護してくれます。
そして高い保湿力があり、外側からコーティングして髪を乾燥から守り内部に水分を閉じ込めてくれるため、髪に弾力性としっとりとした豊かな潤いを与えてくれるのです。

この保湿力により抜け毛やフケ、かゆみも防いでくれ、髪をコーティングすることにより切れ毛や枝毛もできにくくなります。

椿油には髪の水分を奪う紫外線を防いでくれる効果があるので、髪の保護にも効果的。
出掛ける前に椿油を髪に馴染ませれば紫外線の防げ、髪の艶だしもでき一石二鳥です。

そして毛を作る毛母細胞の活性化や頭皮の新陳代謝を促してくれるので、抜け毛を防ぐ他に白髪になるのも防止してくれると期待されているのです。

とっておきのヘアパック!椿油でのオイルパック

椿油でのヘアケアはいろいろあり、頭皮ケアやトリートメントとしても使えますが、今回は椿油でのオイルパックの方法を紹介します。

<オイルパックの方法>
①シャンプーの前に乾いた髪に椿油をつけます。
②蒸しタオルを用意し、髪を蒸しタオルで覆い10分~20分待ちます。
 ※蒸しタオルはぬらしたタオルを軽く絞り、電子レンジで30~60秒ほど温めれば作れます。
③ぬるま湯で洗い流し、シャンプーを2回します。

椿油でのヘアパックは毎日ではなく月に1~2回のスペシャルケアでOKです。
ビックリするくらいしっとりした髪になり、艶髪を目指せるでしょう。

【髪にも肌にも使える人気のツバキオイル配合美容液はこちら↓】

まとめ~髪を健康に保つ椿油で髪や頭皮のアンチエイジングを始めよう!~

枝毛、切れ毛に悩んでいる方は多いと思います。
寒くなっていると肌に乾燥も気になりますが、女性なら髪の乾燥も心配ですよね。
特にロングヘアの方がヘアケアは大変でしょう。

椿油なら髪だけではなく頭皮にも潤いを与えてくれるので、乾燥が原因で起こるフケやかゆみの悩みも解決することができます。

髪のトラブルに悩んでいる方、髪をキレイに保ちたいという方には椿油がオススメです。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP