マツエク中の「まつげ美容液」選び方&塗り方を伝授|持ちの良さ段違い?!

  • 公開日:2018/02/05 最終更新日:2018/04/24

マスカラを重ね塗りしなくてもまつげを長くボリューミーに見せてくれる「マツエク(まつげエクステ)」。
もし、1ヶ月も持たずにマツエクが取れてしまうなら日頃のまつげのケアが足りていないのかもしれません。

こちらの記事ではマツエクを長持ちにさせるおすすめアイテム「まつげ美容液」について紹介しています。
マツエクをつけている時のまつげ美容液の選び方や塗り方など、まつげエクステを付けている方に有益な情報をお届けします!

マツエクはケアの仕方で持ちが左右される


マツエクは2~3週間くらいが一番キレイな状態ですが、手入れの有無や手入れの仕方によっては6週間ほど持つことも。
「マツエクをいかに長持ちさせるか」という点では、まつげを擦らないようにすることがまず大事なポイントです。

・目を擦らない
・クレンジングに気をつける
・うつぶせで寝ない
・タオルで擦るように拭わない
・メイクの時に擦らないようにする

目元は何気なく擦ってしまったりする場所なので、マツエクをしている時はこのような点に気をつける必要があります。
しかし、これらの対策方法はマツエクを取れにくくする方法です。

自まつげが弱く抜けやすかったら意味がありません。
自まつげの寿命を延ばし丈夫にするまつげ美容液を使いながら目元を擦らないように気をつけるのが一番の対策になるでしょう。

マツエク中にまつげ美容液がおすすめの理由は?


前項でも説明したように、マツエクが取れないようにするには自まつげの寿命を延ばすこと丈夫にすることが大事です。
まつげ美容液には、まつ毛を守り丈夫にする成分が含まれています。

【まつげ美容液の代表的な成分】
◆パンテノール(ビタミンB群)
繰り返すマツエクで傷んだまつげに蓄積したダメージを修復します。
毛母細胞にパンテノールが働きかけることでまつげを成長させ、短いまつげを伸ばす効果にも期待できるでしょう。
たびたびまつげが抜けていると全体のまつげは短めですが、パンテノールの育毛効果やまつげを抜けにくくする効果が得られ全体のまつげを長く濃くしていくケアに大切な成分です。

◆海藻エキス
海藻から抽出されるネバネバとした部分に含まれるエキスです。
海藻のネバネバには優れた保湿効果があり、そのエキスを配合することで潤いあるまつ毛に育てます。
まつげを保湿すると柔軟なまつげになり、切れにくくツヤ感が増します。
まつげが乾燥しているとビューラーをした時に切れたり、抜けやすくなるので保湿成分は重要です。

◆アロエベラエキス
多くの化粧品、まつげ美容液に配合されているおなじみの成分です。
ビタミン、ミネラルなどバランス良く含まれ、細胞同士をしっかり繋げて丈夫なまつげに導きます。
細胞同士の繋がりが弱いと切れやすい、抜けやすいなどのトラブルが多くなりがちです。
また、コラーゲンの生成を促す効果や肌の生まれ変わりを促すので、目元の皮膚も健やかな状態になりまつげを育てやすい環境をつくれます。

◆ビオチン(ビタミンB7)
ビオチンを与えることでまつげにツヤ・ハリ・コシが生まれ太く丈夫なまつげに育ちます。

◆ケラチン
まつげや髪の毛はケラチンを主成分にして作られています。
つまり、ケラチンが不足するとまつげが十分に育てない、修復できないということです。
まつげ美容液にケラチンを配合することでダメージを受けたまつげを修復し、丈夫なまつげに育てます。

これらの他にもグリセリンコラーゲンBGトレハロースヒアルロン酸などの保湿成分が多数配合されています。
まつげ美容液にはまつげを修復したり強くする効果があるので、マツエクを長持ちさせるにはまつげ美容液を使うのがおすすめなのです。

マツエクのためになるまつげ美容液の選び方と使い方


マツエクが何週間も取れないのは強力な接着剤を使っているからです。
強力な接着剤はまつ毛やまぶたの皮膚を弱くしたり、乾燥させてしまうのでそれをカバーしてくれるまつげ美容液が必要です。

つまり、マツエクを付けている時に使いたいのは保湿作用修復作用のあるまつげ美容液。
まつげ美容液には発毛や育毛に特化したもの、保湿や修復に特化したものがあるのでマツエクを付けている時は保湿と修復効果が高い成分が入った商品を良く見て選んで下さい。

まつ毛を強くしてあげれば自まつ毛ごとマツエクが抜けることが減るので、マツエクの持ちを良よくすることができますよ。
ちなみに発毛、育毛効果があるまつげ美容液はマツエクを付けていないまつ毛を休ませる時期や、ダメージによって抜けてしまったまつ毛を生やすために使うのが良いでしょう。

またまつげエクステは油分に弱いのでオイルフリーのものを選ぶのもポイント。
最近ではパッケージや公式サイトに「マツエクOK」と記載してくれているものも多いので、そういったまつげ美容液を選ぶと安心です。

<形状から選ぶならチップタイプや筆タイプ>
マツエクは擦ったり引っ掛けたりすると抜けるおそれがあるので、擦る・引っ掛ける心配のないチップタイプ筆タイプをおすすめします。
マスカラブラシ状も人気がありますが、マツエクに絡んだり根本まで塗りにくく地肌のケアが不十分になりやすいです。

マツエクを根本から毛先まで引っ掛けず、傷つけずにケアできること、地肌にも塗れるという点からマツエクを付けている時はチップタイプ&筆タイプを推します!
ノック式、液に筆を浸して使うタイプがありますがお好きな方を使用して下さい。

使い方は簡単です。
使う分だけの液をチップや筆に出し、まつ毛1本1本にスッスッと根本から毛先へ滑らせていきます。
まつ毛の下側、上側の両方満遍なく塗りましょう。
しっかり根本から塗っていれば肌にも美容液がつくのでまつ毛も地肌も一緒にケアできます。
塗りすぎてダマになった場合は綿棒、こより状のティッシュで拭って下さい。

EMAKED -エマーキット-

美容先進国アメリカで開発された本格派まつげ美容液「エマーキット」
18種類のアミノ酸と植物美容成分配合で、ハリのある美まつげを育みます。
あの@cosmeでのクチコミランキング1位(まつげ美容液部門)の実力派。
60日でこんなに?!と効果を実感している方が続出しています。
まつ育を始めたいなら、まずはコレ!と自信をもってオススメできるまつげ美容液です。

11-2

まとめ~まつげ美容液でマツエクを長持ちさせよう~


マツエクを長持ちさせるにはまつげ美容液がいい理由はわかりましたか?
いつも長持ちしないことに悩んでいる方は、これからはまつげ美容液を使って自まつげのケアを念入りにしてみてくださいね。

敏感肌の方は肌にやさしい成分でできているものを選ぶのがポイント。
【オーガニック処方の人気まつげ美容液↓】

色々なタイプがあるのでご自身が使いやすいものを選びましょう。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

ReBON BLOG

PAGE TOP