ダークチョコレートのカカオポリフェノールのダイエット・美肌効果と若返りパワーについて

  • 公開日:2016/06/02 最終更新日:2016/06/22

最近ではバレンタインデーで男の子にあげるだけではなく、自分へのご褒美としてチョコレートを食べるという女性が増えているとニュースでも目にします。
でもダイエットをしている人は甘いものを控えていますよね。

しかし!ダイエット中でも食べても大丈夫なチョコレートがあるのを知っていますか?
しかもアンチエイジングの効果や美肌効果もあるなど女性には嬉しいチョコレートなのです。
今回はそんな魅力的なチョコレート「ダークチョコレート」について紹介していきます。

ダイエット中でもOK!?ダークチョコレートってチョコレートと何が違うの?

CL-2

ダークチョコレートと一般的なチョコレートの違いは、ダークチョコレートは主にカカオ含有量が70%以上のもので、低糖のチョコレートの事をいいます。
糖分と乳製品量が少なく、苦味が強いのが特徴です。

一般的なチョコレートはカカオ含有量が少なく、ミルク、砂糖が多く入っていて甘く食べやすくなっているのが特徴になっています。
ダークチョコレートと一般的なチョコレートの大きな違いはカカオの含有量だったのです。

ダークチョコレートの栄養素にはビタミンE、ナイアシンなどのビタミン類、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、リンなどのミネラルも含まれているのです。

医学学者の方も健康的な食べ物としてダークチョコレートを認めていて、今のところチョコレートの中で医学的に効果があるのはダークチョコレートだけだそうです。

ダークチョコレートの効果は?

CL-3

ダークチョコレートの効果には、

・美肌効果
ダークチョコレートには鉄分、ミネラル、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなど美肌に欠かせない成分が豊富に含まれています。また食物繊維も多く含んでいるので便秘にも効果的です。

・アンチエイジング
チョコレートの中でもカカオ含有量が多い分、アンチエイジングの効果のあるポリフェノールの量も多いことになりますよね。
ポリフェノールには抗酸化作用があり、全身の細胞の酸化を防いでくれるため細胞が活性化し新陳代謝も上がるなど若さを保つことができるので、ポリフェノールを多く含んでいるダークチョコレートはアンチエイジングに効果的なのです。

・ストレス緩和効果
疲れを感じると甘いものが欲しくなったりしますよね。
それは脳が糖分を欲しているのでそんな時、ダークチョコレートを食べることでポリフェノールの効果により溜まったストレスを緩和してくれる効果があるのです。

・紫外線のダメージを回復させる効果
カカオに含まれるポリフェノールは肌の炎症を回復させたり、肌表面のキメを整えたり、保水力をアップさせたりする事ができるため、日焼けをしてしまってもポリフェノールの効果により肌トラブルを抑えることができるのです。

・血圧を抑える効果
チョコレートで血圧を抑える!?と思いますが、チョコレートに含まれるポリフェノールには血管内の炎症を軽減し、血管を広げる働きがあり、それにより血液の流れが良くなり血圧を抑えることができます。

・ダイエット効果
ダークチョコレートに含まれるカフェインが脂肪を分解する「リバーゼ」という酵素の働きを活性化させ脂肪燃焼を促す効果があり、ダイエット中に食べても効果的なのです。しかし食べ過ぎは禁物!

などの効果が期待できます。

アンチエイジングの効果的なチョコレートの食べ方がある!

CL-4

ただダークチョコレートを食べればいいというわけではなく、アンチエイジングに効果的な食べ方があるのです。

チョコレートの健康成分が血中に残るのは2時間ほどとされているため一度にたくさん食べるのではなく、1日数回に分けて少量ずつ食べるのが効果的になっています。
量としては1日板チョコ半分ほどが目安です。

ダイエット中の方は口の中でゆっくり溶かしながら食べるようにしてください。
食事の30分前にこの食べ方でダークチョコレートを食べると食欲を抑えることができるので無理なくダイエットができるでしょう。

まとめ~女性も大好きなチョコレートでアンチエイジングが出来るなら今すぐにでも始めたい!~

CL-5

いかがでしたか?
ダークチョコレートに含まれるポリフェノールがアンチエイジングに大活躍しているという事が分かりましたね。

ダイエット中は甘い物の誘惑に負けそうになる時もありますが、ダークチョコレートならダイエット中に食べても逆にダイエットの手助けをしてくれるので有り難いです!

ダークチョコレートでアンチエイジング、これなら毎日続けることができるのではないでしょうか。
食べ過ぎには気を付けながら美味しくアンチエイジングをしてみませんか。

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP