ダイエット効果抜群!話題のスーパーフード「チアシード」なら空腹感なしに痩せられる

  • 公開日:2015/07/15 最終更新日:2016/12/28

最近話題のチアシードって知っていますか?
栄養満点ということもあるのですが、それだけではありません。
水を含むとプルプルドロドロになって満腹感もあるのです。
これはダイエットには絶対取り入れたい食材ですね。

でもチアシードってどんなものか実際のところよく知らないです。
どんなものなのか探ってみましょう。

水を含むとぷるぷるに変化!チアシードってどんなもの?

N-2_R

チアシードとはその名のとおり「チア」という植物の種子です。
大きさは1mmくらいで見た目はごまのようです。
白いチアシードと黒いチアシードがあり、白いチアシードのほうがαリノレン酸を多く含みます。

特徴はなんといっても水を含んだときに種の周りがゲル状になることです。
このゲル状になるのがプルプルの食感になり、また15倍にも膨らむので満腹感もあたえます。
飲み物やヨーグルトなどに混ぜて食べると、タピオカのようなぷるぷるの食感と種の部分のプチプチ感を楽しむことができます。

またチアシードをそのまま食べることで胃の中で膨らんでくれます。
胃の中が満たされるので食べ過ぎを防止してくれるのです。

満腹感もあって栄養満点!チアシードの栄養と効能は?

N-1_R

チアシードは栄養が豊富です。
その栄養素はたんぱく質、ミネラル、ビタミンB、食物繊維、αリノレン酸と多岐にわたります。

その中でもαリノレン酸の含有量は多く、多いといわれているえごまよりも多いです。
その量、なんと大さじ1杯で1日推奨量の2g含まれています。
αリノレン酸はEPAとDHAの元となり、動脈硬化や高血圧など動脈性疾患の改善をします。

チアシードは食物繊維も豊富です。
大さじ1杯で4gの食物繊維を含みます。
食物繊維を含むということは、腸を活発にし便通をよくします

便通をよくするものとして、チアシードにはもう1つ含まれているものがあります。
それは水を含ませると種の周りにどろどろになるものが実はグルコマンナンなのです。
グルコマンナンといえば、こんにゃくに含まれている成分です。
グルコマンナンは腸の掃除屋との異名ももつくらいで、便秘には劇的に効果があります。
便秘が解消することでお肌がきれいになることも期待できるのです。

参考:ダイエット効果も加速?「ナチュラルヘルシースタンダードのチアシード」をプラスして飲んでみました

ダイエットにうれしい1品!チアシードのおすすめレシピ

N-3_R
チアシードの魅力はやはり水分を含むとプルプルの食感に変わることです。
その特徴を生かしていろいろな食材に混ぜるといつもの食事が変わった食感に変わります。

一番簡単なのはヨーグルトに混ぜることでしょう。
ヨーグルトに混ぜて2時間以上置いておくと、ボリュームも増えてプチプチ感も味わえてとてもおいしいです。

またホットケーキやクッキーの材料に混ぜて使うこともできます。
ジャムの材料として使ってとろみをつけることもできますし、醤油と水とチアシードでとろみのあるタレをつくることもできます。

毎日スムージーを飲んでいる人は、スムージーに加えることでボリュームも増しますし、プルプルの食感がたまりません。
味を邪魔しないのでさまざまな料理に加えることができます。

アイディア次第でいろいろな使い方を楽しめそうですね!

まとめ~満腹感も得られて食物繊維豊富なチアシードをダイエット中の1品に加えよう!~

N-4_R

チアシードは栄養が豊富なうえに、水を含むと膨らむので満腹感も得られます。
食物繊維が多いことから便通がよくなり、デトックスできるのでお肌もきれいになります。

ダイエット中は空腹との戦いで、空腹が我慢できずについつい食べてしまう人も多いと思います。
そのときは、チアシードを食事に混ぜて食べ過ぎを防ぐこともできます。

不足しがちなαリノレン酸もたくさん含まれているので健康にもいいですね。
チアシードは味を変化させないので、いろいろな料理に混ぜたり、普段の飲み物に混ぜて取り入れていきましょう。

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP