罪悪感ゼロで食べられる「ギルトフリースイーツ」に今女性が夢中な理由

  • 公開日:2017/11/09

健康志向の昨今、注目を集めているのがギルトフリースイーツです。
「ギルト:guilt(罪悪感)」「フリー:free(無い)」という意味があり、罪悪感がなく美味しく食べられるお菓子ということ。

糖質制限グルテンフリーなどに励む女性でも楽しめるスイーツとしてとても人気です。
最近はギルトフリースイーツの専門店もオープンするほど。

そんなギルトフリースイーツの人気の秘密に迫ります。

ギルトフリースイーツとは


ギルトフリースイーツには主にバター、小麦粉、卵、白砂糖、添加物、化学調味料などが使われていません。
美容やダイエットのためにはカロリーももちろん重要なポイントですが、それ以上に精製された白砂糖や炭水化物、添加物は体によくないとされ、海外ではすでに定番スイーツとなっています。

ギルトフリースイーツには多くのスイーツで使われている体を汚したり太らせたりする材料が使われていないヘルシーなスイーツ。
イメージとしては健康や美容に配慮し過ぎて味気ないのでは?美味しくないのでは?と感じる方も少なくないようですが、実際食べると「普通のスイーツに劣らない美味しさ」で驚く方がたくさんいます。

主に使用しているのは良質なオイル豊富なナッツ類、食物繊維の宝庫のドライフルーツなど自然由来の食材です。

<ギルトフリースイーツのポイント>
・卵、バター、小麦粉、白砂糖を使わない
・200kcal未満の低カロリー
・香料、着色料、保存料、化学調味料を使わない

という特徴がありますが、明確な定義として定まっているわけではありません
「ノン」「レス」「ライト」「ひかえめ」「低」と表示することもあります。
また、明確に定義が決まっている訳ではないのでいずれかの材料が含まれている場合もあります。

スイーツは高カロリーで太る、肌が荒れるというのが今までの常識でした。
でも、あるアンケートではスイーツを食べることに罪悪感はあっても「食べることはやめられない」と答える人がほとんど。
すっぱり甘いものをやめるとストレスに感じることってありますよね。

そんな、スイーツが大好きな方を満足させてくれるのがギルトフリースイーツ。
ダイエット美肌ケアエイジングケアなどに気を遣っている方に嬉しいスイーツなのです。

<ギルトフリースイーツがおすすめの人>
・甘いものがやめられない
・ダイエット中
・スイーツを食べると肌荒れする
・甘いものがないとストレスを感じる
・体にいいものを食べたい

ギルトフリースイーツが女性の心を満たす理由


女性には甘いものが好きな人が多いですよね。
でも、やっぱりダイエットや美肌のためにはスイーツを控えたいと思っている方も多いのでは。

食べたくて食べたのにスイーツを食べた後は「食べちゃった…」「反省」と罪悪感を感じていませんか?
「スイーツは罪悪感を感じるもの」という概念を覆すギルトフリースイーツは、美容に敏感な女性たちの間ですぐに人気になりました。

太るもと、肌荒れのもとになる原材料や体に不必要な添加物が使われていないので罪悪感を感じずにスイーツが食べられるのです。
甘いものがやめられない女性にとって朗報ですよね!
また、甘いものは食べると「幸せ」を感じるセロトニンが脳から分泌されます。

セロトニンが分泌されると体の機能を活発にさせたり、ストレスの緩和にも効果があるのでダイエット中の方、仕事や家事、育児に忙しい女性にもおすすめ。
ストレスは美容の大敵。
罪悪感にならないヘルシーなスイーツで、ダイエットや肌荒れの心配を気にせずにおいしく楽しめるのは嬉しいですね。

おすすめのギルトフリースイーツ3選

◆ブリスボール

オーストラリア発祥の小さなボール状のケーキです。
主に細かく砕いたナッツやドライフルーツが使われたヘルシーなスイーツで、今世界中で人気を集めています。
見た目も可愛らしく、手軽に食べられるのも人気の理由。
美容にいい食材が使われているだけでなく、食べごたえがあり満足感があるのもポイント。
仕事や育児の合間、小腹が空いた時に手軽にヘルシーなお菓子を食べたいという方におすすめのギルトフリースイーツとなっています。

◆オージーケーキ

※写真はイメージです

日本初のブリスボール専門店「フードジュエリー」が、オーストラリア発祥の伝統ケーキ「レミトンケーキ」を参考にギルトフリーでつくりあげたのがオージーケーキ(オーストラリアのケーキという意味)です。
砂糖不使用、ナッツやドライフルーツなど自然由来の素材から作られたケーキで、はちみつ、メープルシロップなど一般的に砂糖の代わりに使われているものも使用していません。
甘みのもとはナッツやフルーツの自然なものなのにしっかり甘く、優しい味わいが人気です。
生地は外側はさっくり、中はふわふわ、しっとりとしていてナッツの食感が楽しめます。
小麦粉の代わりにはおから、米粉、きび粉などを使用。
牛乳の代わりに豆乳、オイルは不使用となっているのでとてもヘルシーなケーキに仕上がっています。

◆ギルトフリーアイスクリーム

白砂糖、牛乳を使わないギルトフリーアイスクリームは自宅でも手軽に作れます。
ココナッツミルク、アーモンドミルク、豆乳などを牛乳の代わりに使い、甘みはメープルシロップなどでつけるので体にやさしいのです。

<一般的な簡単レシピ>
お好みの植物性ミルクにメープルシロップを入れ、お塩少々とお好みでバニラエッセンスを垂らします。
冷凍庫で凍らせたら完成!
食べる10分前に冷凍庫から出し、程よい固さになったら食べごろです。
凍らす前にお好きなナッツやドライフルーツピュアココアなどを入れてもOK。


グルテンフリーのおやつならコチラもおすすめ↓】

まとめ~食べるなら美味しくてキレイになれるギルトフリースイーツ~


スイーツはダイエットやエイジングケア、肌のためによくないと我慢していませんか?
それでストレスを溜め込んだらそれこそ大変です!
ギルトフリースイーツなら罪悪感ゼロで食べられるので、甘いものがやめられない方はぜひギルトフリースイーツに変えておやつを楽しんでください。

ヘルシーなだけでなく、見た目がかわいいギルトフリースイーツは大人の女性の手土産としても大人気!
罪悪感なく食べられるスイーツなら喜ばない女性はいないのでは?

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP