バストの崩れは産後だけじゃない!20代からすでに始まっている体型の変化

  • 公開日:2016/07/20 最終更新日:2017/11/28

出産を経験した方なら分かると思います。産後には女性ホルモンのバランスも変わったり、授乳をしたりするとどうしてもバストは崩れてしまいます。

しかしバストが崩れるのは産後だけじゃないのです。

20代という若いときから女性の体の変化は始まっています。

ほおっておくと20代からでもバストの崩れは始ま ってしまうのです。

女性の体型の変化はどのようなものなのか、今回は紹介していきます。

女性の体型の変化について

îv0Un0hˆÅ`„0sY'`n0Ì0ü0É0™Qw’0ÎS2“0

女性の体型には3回の大きな変化があるそうです。

・1回目 17歳前後
成長ホルモンの分泌が止まり、女性ホルモンが分泌され、様々な体への変化がおとずれる10代。
皮下脂肪がつき、お尻や胸などが丸みを帯びた女性らしい体へと変化していくのがこの頃です。

・2回目 25歳前後
女性として、体にメリハリがあるピークがこの時期。
この時期を境に、ゆるやかに老化が始まり、体は衰え始めていきます。

・3回目 38歳前後
女性ホルモンが減少し、体に急激な変化が起こるのがこの時期。
体の代謝が落ちて痩せにくくなり、体重が増加しやすくなります。
お腹が出てきたり、お尻や胸が垂れてきたりと、女性にとって悲しい変化が起こり始めるのです。

体の大きな変化が始めるのは20代からとは驚きですね。

まだまだ若いと思っていても油断をしていれば30代でおばさん体型になってしまう可能性もあるのです。

産後にバストが崩れてしまう理由は?

AN191_R

産後になぜバストが崩れてしまうのでしょうか。

産後、女性の体は母乳を作ろうとする女性ホルモンの働きによりバストが大きくなります。

授乳中は乳腺が活発になっているため乳房も大きくなっていますが、赤ちゃんがおっぱいを吸わなくなると母乳が作られなくなり一気に乳腺が縮んでしまいおっぱいが垂れてしまうのです。

授乳後のバストが垂れてしまうことを心配という方も多くいます。

そんな方は早めのケアでバストの垂れも防ぐことが出来ます。

授乳中でも「バストトリートメント」やバストが垂れないようなブラジャーがあるのでそれらを試すことをオススメします。

女性の悩み、体型の崩れを防ぐには?

b4c48761e8a207d5ed54c207d55466c5_s_R

このような悩みを解決するには1日1日が大切で、日常的に体を労って意識して過ごすことです。

・規則正しい食事
・正しい姿勢や歩き方
・適度な運動
・体に合った下着をつける

など健康的な毎日を続けていれば体の衰えも出にくくなるでしょう。

バストの崩れで一番の原因が自分に合ったブラジャーを着けていないことです。

バストが垂れる原因の1つが「揺れ」で、ブカブカのブラジャーを着けていると中でバストが揺らされ、長期的に揺らされることでバストが伸びてしまうのです。

なので、自分に合った下着をつけることが大切なのです。

まとめ~20代から女性の体型は変化する!早めのケアが重要に!~

picture of beautiful woman with magnifying glass

20代の頃は体の変化が始まっているなんて思いも知らす、バストが垂れてしまうなんて心配もしていませんでした。

こんなにも早く体型の変化が始まるとはビックリです。

出産を経験すると思っている以上にバストが下がってしまい下がってからどうしようと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

20代を過ぎると1日1日体は衰えてきます。体の変化は女性にとっては悩ましい問題です。

しかしこの問題から逃れることもできません。

その衰えに負けないためにも規則正しい生活を心がけ、健康にも気を付けながら自分の体を元気にキレイに保てるように努力をしなければいけませんね。

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP