ピルの服用でバストが大きくなる!?ピルの効果と気になる副作用とは?

  • 公開日:2016/07/20 最終更新日:2017/09/12

避妊薬として用いられる「ピル」。
最近ピルを服用している人が増えていますが、ピルでバストアップの効果があるという声もあります。

それは本当なのでしょうか?
そもそも「ピル」ってどんなものなのか詳しく知っていますか?

今回は「ピル」について本当にバストアップにも効果があるのか、気になる副作用などについても調べていきます。

そもそもピルって一体どんなものなの?

ピルは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が少量ずつ含まれた薬剤のことで、経口避妊薬と呼ばれています。
ピルを服用するとこの2つのホルモンが脳下垂体に働きかけ卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えます。
それにより排卵が止まり避妊が可能になるのです。
排卵が止まるのは服用中だけで服用しなくなれば3~4ヶ月ほどで元の状態に戻り、再び自然な排卵が始まるとのこと。

ピルは避妊だけでなく、婦人科系の症状の緩和生理不順などにも使用されており、さまざまな効果があります。

<ピルの効能>
・月経周期の安定
・月経が軽減される
・PMS(月経前症候群)の改善
・肌荒れの改善

参考・生理の悩み解消法|生理不順・生理痛(月経困難症)・月経前症候群(PMS)
早期発見なら完治もできる!子宮の病気の症状や最新の治療法
誰でもなり得る卵巣のう腫、卵巣腫瘍、卵巣がんなど卵巣の病気について

ピルを服用することで本当にバストが大きくなるの?


実際にピルを飲んでバストにハリが出たという人もいるようです。
それはピルに含まれる成分が女性ホルモンに働きかけることが関係しているのではないかと言われています。

しかし服用したすべての人がバストアップの効果があるのではありません。
ピルは本来バストアップのための薬ではないので、確実にバストアップ効果があるとは言い切れないのです。
あくまで、別の目的で飲んだけどバストにもたまたま変化があったということ。

バストアップを目的とするのであれば、バストアップサプリメントがオススメです。
また、ピルとバストアップサプリメントの併用はホルモンバランスが崩れる危険があるのでやめましょう。
医師に相談し、適量を摂取するようにしてくださいね。

薬だけに頼るのではなく、バストアップを目指すのであれば普段の下着のサイズなども見直してみましょう。
ブラジャーのサイズが間違っていることがバストアップの妨げになっていることもあります。

ピルの副作用ってあるの?

ピルにはいろいろな効能がありましたが、それと同時に副作用にも注意しなければなりません。
個人差がありますが、以下のような副作用がある可能性があります。

・頭痛
・便秘
・むくみ
・イライラ
・ほてり
・発熱
・血圧上昇
・体重の増加

すぐに症状がおさまる場合もあれば、長期的に続く可能性もあります。
何の薬を服用するにもそうですが副作用のことはきちんと理解した上で服用するようにしましょう。
もし上記のような症状が表れた場合はすぐに使用をやめ医師に相談してください。

まとめ~バストアップをしたいなら薬に頼らない方法がオススメです~

結論から言えばバストアップにピルを服用することはオススメできません。
もしバストアップをしたいならストレッチやマッサージなどの方法かバストアップ専用のサプリメントを飲むようにした方が体のためにもいいでしょう。

ピルも正しく服用方法を守っていれば体に害なく使うとこができるので、用法や用量は必ず守ってください。
最近ではネットなどでも購入ができ安く手に入るものもありますが、副作用のリスクや危険性を考え、医師から処方されたピルを服用するようにしましょう。

【あわせて読みたい記事】


関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP