自爪をキレイに保つお手入れ方法とは?簡単セルフケアで指先美人

  • 公開日:2017/05/22

あなたは爪のお手入れってしてますか?
意外と指先というのは見られている部分でもあります。

ネイルサロンに通っている方も多いですが、そうでない人も大勢いるでしょう。
美しく強い爪は日々のケアで叶えられます。

今回は自宅で簡単にできる「自爪」を綺麗に魅せるケア方法について紹介しますね。
マニキュアなどを塗らなくても美しい、ナチュラルな爪の作り方を知りたい方はぜひチェックしてみてください。

爪のお手入れが必要な理由


自分の爪を見て、以下の項目に当てはまることはありませんか?

・爪の長さが不揃い。
・伸びたら切ってはいるが先端の形を整えていない。
・甘皮の処理が甘い。
・爪の保湿をしていない。
・爪やすりをかけていない。
・爪に光沢がない。
・ひび割れがある。
・ささくれができやすい。

爪のケアをあまりしていない人はいくつか当てはまる項目があるのではないでしょうか。

指先は何をするでも使うことが多いパーツです。
爪が弱いとひび割れや深爪など痛みを伴うトラブルを招くことも。

そして美しい指先は女性としての魅力もぐんとアップさせます。

爪がキレイに整っているとマニキュアやジェルネイルの持ちも変わってきたり、マニキュアやジェルネイルをしない方もしっかりお手入れすればマニキュアを塗っているような光沢や美しさを出すことができるのです。

自爪の簡単セルフケア術


爪のケアは大きく分けて3つの手順で進めていきます。
最初に爪の形を整え、次に甘皮の処理、最後に表面にやすりをかけて磨いて完了です。
それぞれの方法を紹介します。

①爪の形を整える(切る、削る)
・用意するもの…爪切り、やすり

爪を削ったり切ったりする前には、お湯に指先を浸して爪を柔らかくしてから行うようにしましょう。
特に、爪切りを使う場合は固い爪のまま切ると表面にヒビが入ったり割れたりしてしまうことがあります。
爪切りで爪を切る時、一気に広く切ろうとするのではなく1つの爪に対し何回かに分けて少しずつ切るのがコツです。

全ての爪の長さを自分の好みの長さに切り終えたら切り口にやすりをかけましょう。
爪切りで切った後の爪は「角(かど)」ができているのでやすりをかけて角を削り落としていきます。
緩やかなカーブになるように調整しながら削っていきましょう。

通常の爪のケアでは、ここまでで終わってしまう方も多いのではないでしょうか?
次のステップです。

②甘皮を取る、ささくれの除去
・用意するもの…綿棒かガーゼ、ハンドクリーム、ささくれ用のハサミ

甘皮とは爪の根本にある薄い皮膚の部分です。
この部分を処理すると爪と皮膚の境目がはっきりとして、より美しく清潔感のある指先になります。
甘皮を柔らかくするグッズや甘皮を切るためのはさみも販売されていますが、甘皮はケアし過ぎると爪に雑菌が入ったり負担がかかって爪の病気の原因になりかねないので、甘皮処理のグッズは無くて構いません。

まず、甘皮処理を行う前に指先をお湯に浸して柔らかくなるのを待ちます。
入浴後は甘皮が柔らかくなっているので、入浴後に行っても良いでしょう。
甘皮が柔らかくなったらガーゼや綿棒を使い、皮膚と爪の境目にグリグリと押し上げるようにして爪の根本を出してあげます。
甘皮が押し上げにくい時は、もうしばらく指先をお湯に浸してください。

そして、ささくれがある場合はこの段階で処理をします。
ささくれは引っ張って取ると健康な皮膚も一緒に落としてしまい、血が出てしまうこともあるので、基本的に引っ張らずにカットして処理してください。

甘皮とささくれを処理したら保湿をしましょう。
ハンドクリームを指先に揉み込むように馴染ませてください。
きちんと保湿をすることで「爪の健康を守り、強い爪を育てる」ことができます。

爪のケアはここで終了でも構いません。
次に紹介する工程は更に美しくするためのケアです。

③爪の表面を磨く
・用意するもの…バッファー、シャイナー、キューティクルオイル

爪のケア初心者の方はこの時点で「それってなに?」と思っちゃいますよね。
バッファーは「爪の表面を削り整えるグッズ」で、シャイナーは「爪を磨き光沢を出すグッズ」のことです。
爪のケア専用グッズのコーナーにいけばどちらもあるものなのでぜひ購入してください。
100円均一にも置いてあるところがあるようです。

まず、バッファーで爪の表面を軽くこすって整え、シャイナーで磨き光沢を出します。
こすり過ぎると爪が薄くなってしまうので注意しましょう。
用意できればキューティクルオイルもあると良いでしょう。
キューティクルオイルは乾燥を防ぐためのグッズで、甘皮部分や爪の生え際に塗るものです。
オイルをつけたら揉むように馴染ませます。

キューティクルオイルを使用する場合は、②の最後にハンドクリームは使わずキューティクルオイルを使用した後の仕上げにハンドクリームを使うようにしましょう。

<爪が綺麗だと…>
・指先までケアが行き届いていて美意識が高い!
・清潔
・若々しい
・仕事ができそう
こんなプラスの印象を感じられますよね。

※こんな爪は病院へ
表面が酷くボコボコしていたり、くっきりと年輪のような線が入っている、白っぽく変色している場合は爪の病気にかかっている可能性があるので病院で詳しく診て貰いましょう。

まとめ~正しい爪のセルフケアで指先美人を目指そう~


普段、あまり爪のケアはしていない方もこの機会に自爪のケアを始めてみませんか?
見た目の美しさだけでなく、しっかりとしたケアをすることで割れにくく強い健やかな爪を保てます。
健康的でツヤツヤの爪は若いみずみずしさも感じられますよね。

肌のエイジングケアは念入りでも爪が疎かでは手元で「年齢」を感じてしまうかもしれません。
これからは爪のケアも念入りに行い、美しさに磨きをかけていきましょう。

関連記事

新着記事

人気記事

PAGE TOP